espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

難易度とエンターテイメントは両立するのか





 小難しそうなタイトルですが、ようは「難しい=面白い」は万人向けなのかってことについて今回書いていきたいと思います。考察には浅すぎるし、感想にしてはやや読みづらいのであくまで日記という形ですが。


 さて私、PCが壊れてからというもの、空いた時間の暇つぶしに借りたポケモンやったり、箱○に手を出したり、最近の娯楽が一般向けになってまいりました

 そんな中、フロム・ソフトウェアさんの渾身作「アーマードコア4」(箱○版、以下AC4)をプレイしていて(時間的には昨日)思ったのは、最近のコンシューマーゲームは難しいなぁ、と。


 いえいえ。ACシリーズが簡単なものだ、っていう認識があるわけじゃないんですよ。
 PS時代から、ACシリーズといえば、元より難解なストーリーと複雑な操作、自由すぎて迷いがちな機体構成のシステムを併せ持つ、所謂「一見さんお断り」のレッテルが有名でしたからね。
 
 しかし、この「AC4」は次世代機初参入ということで、幅広い年齢の人にプレイできるように難解な部分を極力なくした「初心者でもとっつきやすいゲーム」として開発したと公言された作品だったため、図らずもゲーム音痴な私が購入に踏み込んだわけだったのですが・・・、


 難しいというよりは不親切、というのが感想としての結論ですかね。


 それは例えば、機体の構成。
 ACのウリといえば、自分で好きなパーツを選んで自分オリジナルの機体を作り上げられることが挙げられます。AC4では過去最小と言われていますが、それでも構成パーツは総計で200近くあり、機体にくっつけたときのパラメーターにもそれだけ差が生まれます。(例えば、「防御力は高いけど、足が遅い」など)

 問題は、そのパラメーターが単純な「防御力」「速さ」ではなく、「水平推進力」や「旋回速度」だったり「PA(プライアルアーマー)の安定度」だったり、訳のわからない単語がごっそり出てくるわけです。
 推進力だの、PAだのコジマ粒子だの、CEROAという全年齢向けのゲームでベラベラ捲くし立てられて誰も理解できませんって。
 何より、なんとか理解しようと説明書捲っても詳しい説明は一切無く、ゲーム内でのチュートリアルさえないのは、難しい云々以前の問題。

 どうにかして、脳内補完をするにも、それなりにパーツをくっつけてプレイヤー自身が暗中模索する必要があるわけですね。

 しかし、ここでも問題は発生します。
 それは、難解な操作に加え、

 一般難易度であるはずのノーマルミッションが、初心者を寄せ付けないレベル

 だということです。


 パーツの性能・・・? んー、わかんねぇ! よし、とりあえず初期状態で試してみよう!

 なんて感覚でプレイしていると、恐らくランク2,3レベルから「全く進めなくなる」人が続出でしょう。
 特に潜水艦の破壊ミッションで登場する敵の攻撃は、数回の被弾で八割のHPを削られる上、数が四体もいるという悪魔の構造。


 どの武器が良いのか、そもそも初期の機体でどれを選べばいいのかさえわからない初心者の人は、説明書に頼ることもできず、詳しい説明も受けられない状態で何度も撃沈させられつづけることに・・・。
 これはあまりにむごい。
 本作のウリの「ハイスピードバトル」も考える暇を与えて貰えてもらえないためストレスの原因になりかねません。そのくせ、やり直すたびに5秒程度のロードが入りますのも心労がたまりますし。



 ワタシとしては、複雑なシステムだろうが難解なストーリーだろうが構いません。むしろばっちこいな派です。
 ただ、理解する足掛りを与えないのは、そりゃ完全なお門違いでしょうよ、と。


 新規参入者を増やす(初心者上等)と謳って発売するなら、良くて、本編でのチュートリアルの充実を。悪くても説明書ぐらいはきっちり作り上げてください。メニューや機体構成の画面も無意味に英語表記にしないでください。
「acsis」だの「assemble」だの「fcs」だの「tune」だの、・・・日本語じゃ駄目なんですか?

「weapon」などの見慣れたものや固有名詞はしようが無いとしても、もうちょっとプレイヤーに優しくしてあげてください。デザインや見た目よりも、重要視されるべき場所があるでしょうに。辞書片手にゲームしろとは笑わせてくれますね。


 閑話ならぬ雑言休題


 ここまで基本的に罵倒してますが、AC4のこういった不親切な構成をあえて美点として讃美している人が結構な数います。
 彼らの言い分を私が見た限りまとめると、

 ○ 難しいからこそ、やりがいがある。
 ○ 昔からこういったスタイルがウリだった。
 ○ 難しいというより、プレイヤーが楽しもうとしていないのが悪い。
 ○ 映像美やカスタイマイズ性など、見るべき場所がいろいろある。

 などといったように、基本的には「難しいからこそ楽しいでしょ?」という意見の人がかなり多く見受けられたように思いました。過激な意見では、

 「最近のプレイヤーは努力を要求するとすぐ投げ出す」

 や

 「敷居が高い難易度が高いと言っている人がいますが 俺やアーマードファンやフロムから考えれば はっ?だから?って感じ なんで会社側がユーザーに腕を合わせるのか?おかしいだろ」
 
 なんて意見も出て来てます。(ほとんどがamazonさんのソフトレビューですので、気になったら一度見に行ってください。)

 後者の人は、48人中42人が「参考にならない」と評していますが、これはある意味ACというシステムを楽しいと感じている人の典型例として評価されるべでしょう。

 難しいからこそ乗り越えたときに楽しい、って感性は非常によくわかります。
 かくいう私もテイルズシリーズをプレイするときは初期状態で選べる最高難易度を選びますし、縛りプレイなんかも大好きですから。

 しかしそれはあくまで、一般向けの難易度のものを、あえて難しくしているだけのこと。AC4でその理屈がまかり通るか、といえばまかりとおりません。
 難易度ノーマルはやはり「普通」でなければおかしいですし、百歩譲って難しいのは許容するにしても、説明不足に関しては擁護できないでしょう。


 新規参入者を獲得したい、という名目で出している以上、前からACとはこうだった、というような意見も甚だ場違いで、ネットで調べれば一発でわかる、というのもどこか的外れではないでしょうか。

 「会社側がユーザーに腕を合わせるのか?おかしいだろ」という意見そのものが実におかしな話。
 ゲームという作品を世に送り出している以上、楽しませる工夫や努力を企業がするのは当り前。お客様理論、大いに結構。



 既にAC5の作成に掛かっている会社に対して、今更4のことで愚痴愚痴いうのも申し訳ないですが、そこは当方ブログ、「ちょっとだけ時代遅れ」なので、大目にみてもらいたいですね。

 いかに他の賞賛すべき部分があろうとも、このままAC4のような孤高な芸術作品を作りつづけていれば、新規参入者を増やすことはできないでしょう。


追記

 公式ページのストーリー概要をみましたが、すごく面倒な文章ですね。(お前が言うのかw)
 諦観だのなんだの、知識だけは持っている人が読み手のことを無視して自己満足で書いているようにしか思えません。書き手である以上、拙くとも読ませようとする努力をして欲しいなぁ。

 本編にしても、エヴァンゲリヲンのように、物語の詳細や真偽がいっさい語られないシナリオというのも一つの魅せかただとは思いますが。今、どうして自分が戦っているのか。そしてその結果何が守られるのか。このくらいはきちんと描写してほしいです。

 主人公という影はあっても、設定も声も性別すらない事実上の空白に対して感情移入するならば、せめて5W1Hの八割は満たしてもらいたい。なんであんな強い兵器に突撃するのか、そこがわからないと頑張る気力さえなくなってしまうのではないでしょうか。

追記2

記事を見ると、難解な本編を投げ出したかのように思われてしまいそうですが、一応ワタシは難易度ノーマルのミッションモードはクリア済みです。ハードモードは現在進行率50%ですが。(飛行要塞フェルミが鬼畜過ぎる・・・)


スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。