espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

漫画感想『XXXHOLiC』

HOLic00.jpg




今回紹介する作品は、週刊ヤングマガジン掲載、CLAMP著『XXXHOLiC』です。



【簡単なあらすじ】

対価さえ払えばどんな願いも叶う。
そんな”ミセ”の主人「壱原侑子(いちはら ゆうこ)」の元には様々な悩みを抱えた客が訪れる。

アヤカシが見える男子高校生、四月一日君尋(わたぬき きみひろ)は、そんな体質を改善するため「侑子」との偶然の出会いを機にアルバイトとして”ミセ”で働くことになるのだが……。




【Good point】


「侑子」と「四月一日」をめぐる問題を問題はさておき、基本形式は不可思議を扱うミセの運営状況や、依頼への対処が大半となります。

そのため読みきりゆえの軽妙さや面白さがありますし、「こっくりさん」や「猿の手」といった有名なオカルト話はもとより、「四月一日」の私生活あれこれ、果てはネット依存症への対応など、一個の作品ながら持ちネタ、話のバリエーションが豊富なので飽きがきません。


HOLic03.jpg



「夏目友人帳」と比べて(同じく妖怪が見える少年が主人公ということで)純粋に感動できる話というのはあまりありませんが、すべてが「イイ話」で終わることなく、時には死を迎えてしまう理不尽さをきっちり描写しているので、展開に生温さを感じることは少なく、むしろ不可思議に関わる良し悪しが絵柄や作風も含めて良い味を出していると言えるでしょう。


短編とはいっても、「侑子」「四月一日」といった中核の人物は変わらず登場するので、主人公がコロコロと変わるオムニバスとは違って安定感もありますし、メイン二人については巻数をまたいで壮大な伏線が用意されており、結果長編として評価しても面白いという稀有な属性。なかなか万能です。


清濁合わせての媚びない描写はウリですが、ことさらグロさを推されるわけではないですし、各章何かしらギャグが入っているのも予定調和なので和みますね。


蛇足かもしれませんが、夏に盥に足を入れてみたり、バレンタインにチョコケーキ食べたり、季節のイベントを目いっぱい堪能する展開が多くて真似したくなるのも本作の魅力のひとつだと思います。

侑子さんの日替わり衣装も一見の価値あり。



HOLic05.jpg



【Bad point】


今作最大の問題点は、同著者の『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』(ツバサクロニクル)という作品を読んでいる。あるいは知識を持っていないと理解できないシーンが数多くあり、ほかならぬ私自身、戸惑うことがありました。


登場キャラクターがキャラクターですし、同著者なので、販促の意味合いもあるのかもしれませんが、『XXXHOLiC』から入った人にはやはり優しくありません


せめて末尾での販促にとどめるか、やったとしても本編の中核に食い込まないパロディとしての扱いが妥当ではないでしょうか。


上に類しますが、『ちょびっツ』や『魔法騎士レイアース』の小物を使ったネタも多いので、こちらもパロディ嫌いの人は要注意です。



また今作は、後半になるにつれて、恋愛要素というものがぷっつりと途切れます。

人情ときたら愛情も欠かせない! そんなあなたには不向きかもしれませんね。「侑子」はヒロインではなく、メインキャラクターということにしておきましょう。



HOLic01.jpg



【個人的な戯言】


今回は感想が短くなりました。
かなり昔に読み終えた作品なので、重大なイベントを抜かして感想を書いてしまったかもしれませんのでご注意。


この作品は紛れも泣く「好きな作品」ではあるのですが、完結の仕方に難あり、ですかね。
途中でタイトルが変わったので続編が出るのかもと期待するもいまだ……。

この一件もあってツバサクロニクルに手を出してみようと思いましたが、いまだ果たせず仕舞いorz


HOLic02.jpg





気になった方は、上記に留意しつつ、独自の調査を追加して購入を視野にいれてくだされば幸いです。














読了お疲れ様でした。
スポンサーサイト
*
○2012/05/05○
これはアレだ十一頭身くらいでアニメやってたやつだ。アニメが強烈だったけどマンガはよく知らないなあ。
[ 編集 ]
○2012/05/05○
同時連載している漫画とクロスオーバーしているのは、CLAMPさんの漫画の特徴の一つだから、ある意味仕方ない気がするな。
ちょびっツとエンジェリックレイヤーもそうですし、こばと。なんかもそうですし。
個人的には、前半あたりは独特のおどろどろしさが好きだったんですけど、後半あたりからなんか作者が飽きたみたいな感じが出ていて、途中で単行本はギブアップしてしまった。
やっぱり、CLAMPさんは、ちょびっツみたいにこじんまりとして、連載期間・話が比較的短い作品のほうが向いているかもしれない。
[ 編集 ]
○2012/05/05○
私もホリック全巻持っているのですが、ツバサのネタは正直いらないと思いました。


まぁ私がツバサを読んでいないからかもしれませんが、・・・

ちょっとだけならいいんですけど結構がっつりでww。 まったく理解出来ないというw。


それでも私はこの作品が好きなんですけどwww。


20巻を楽しみにしていたんですが・・・・
[ 編集 ]
○2012/05/08○
XXXHOLiCはアニメで初めて知り、ツバサクロニクルはそのあとに見ました。

作品としてはどちらも好きで、明るい場面、暗い場面を両立させているところが気に入りました。

アニメで続編はありましたっけ?

なんか映画があったような気もしますが・・・

マンガも見てみようかな。
[ 編集 ]
○2012/05/11○
相変わらずの遅い返信で申し訳ない。

> これはアレだ十一頭身くらいでアニメやってたやつだ。アニメが強烈だったけどマンガはよく知らないなあ。

十一頭身ってどんなスタイル!?と驚きつつも侑子さんなら漫画でもそんな感じかなぁと思わなくもない。男連中含めて長身多いから総体バランス的にはぎょっとするほどでもありませんが。

しかし美形、長身、頭脳明晰、金持ちそろったヒロインとは、実はものすごい珍しいものなんじゃないだろうか・・・・・・(自分でメインキャラクターって言ってるけど)。

個人的にはもう少し個人の内面を掘り下げてほしかったところです。
[ 編集 ]
○2012/05/11○
返信が大幅に遅れました。申し訳ありません。

> 同時連載している漫画とクロスオーバーしているのは、CLAMPさんの漫画の特徴の一つだから、ある意味仕方ない気がするな。

販促というよりは「クロスオーバー」という単語のほうがふさわしかったですね。どちらがさきに連載を開始したのかについては詳しくありませんが、今作のほうがアナザーよりのストーリーなのかもしれません。

> ちょびっツとエンジェリックレイヤーもそうですし、こばと。なんかもそうですし。

『ちょびッツ』はCLAMPの中でも最初期に読んだので、その他作品の何がかかわってきているのかはまったくわかりませんでしたね。「こばと。」は一巻だか二巻だかで『ちょびっツ』の管理人さんが出てきたくらいは覚えていますね。

> 個人的には、前半あたりは独特のおどろどろしさが好きだったんですけど、後半あたりからなんか作者が飽きたみたいな感じが出ていて、途中で単行本はギブアップしてしまった。

飽き、というよりは「飽和」といった感覚でしょうか。
登場人物にも新鮮味がなくなりましたし。話も日常生活からかけ離れた立ち位置になってしまったので、まさに「四月一日」が感じている倦怠感が前面に現れている感覚でしょうか。

侑子の問題はともかく、向日葵を筆頭としたサブキャラクターをけっこうな勢いでそぎ落とししまったので、ことさら初期の雰囲気に愛着をもっているとつまらなく感じてしまうかもしれません。ちなみに私もその一人でした。

> やっぱり、CLAMPさんは、ちょびっツみたいにこじんまりとして、連載期間・話が比較的短い作品のほうが向いているかもしれない。

鉄は暑いうちにたたくのが一番、というわけでもありませんが。意外性を求めて読者の求めているものとは別のベクトルに進んでしまうよりは、むしろ決まった形式を短期間でしっかり書いてほしいものですね。
[ 編集 ]
○2012/05/11○
> 返信が大幅に遅れました。申し訳ありません。
>
> > 私もホリック全巻持っているのですが、ツバサのネタは正直いらないと思いました。
> > まぁ私がツバサを読んでいないからかもしれませんが、・・・
>
> つばさクロニクルを読んでいないと本当に意味不明で困りますよね。共感性という意味では、あの時点でまったく意味のわかっていない「四月一日」の心理とは一致しますが、それでもこの置いてけぼり感はむごい。
>
> 「カードキャプターさくら」あたりのネタともかぶっているのか、もはや筆者の独壇場といっても過言ではない、CLAMP劇場っぷり。
>
> > ちょっとだけならいいんですけど結構がっつりでww。 まったく理解出来ないというw。
>
> ツバサクロニクルありきで、ホリックはあくまで「アナザーストーリー」扱いなのかもしれません。ツバサの一シーンから派生した裏設定を生かしての作品が元だとすると、この「クロスオーバー」は必然といえば必然な流れなのかもしれません、。
>
> > それでも私はこの作品が好きなんですけどwww。
> > 20巻を楽しみにしていたんですが・・・・
>
> 私も面白い作品だとは思いますが、後半の展開には難がありますよね。侑子さんの問題は大団円とはいきにくいものがありますが、せめて友人関係の清算くらいは最終巻までに済ませてもらいたかったところです。「卵」の意味も表面的にはまったく意味がわりませんし、何より向日葵の扱いがひどすぎますね。
[ 編集 ]
○2012/05/11○
返信が大幅に遅れました。申し訳ありません。

> XXXHOLiCはアニメで初めて知り、ツバサクロニクルはそのあとに見ました。
> 作品としてはどちらも好きで、明るい場面、暗い場面を両立させているところが気に入りました。

アニメ版はどちも未視聴なので詳細なコメントはかけませんが、清濁合わせてのこその描写ですよね。夏目友人帳のように前編暖かな人間ドラマも悪くはありませんが、負の側面を描いてこそ展開に3D的な厚みができているように感じられます。

> マンガも見てみようかな。

ぜひとも読んでみてください。ただ1巻~15巻とその後の巻とでは雰囲気や展開がガラっと変わってしまうので、そのあたりが気になる場合は調べてからの購入をお勧めします。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。