espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

漫画感想『Another』





今回紹介する作品は、角川コミックス・エース刊行、清原紘著『Another』です。



【簡単なあらすじ】

病気療養のため、母の実家に身を寄せ夜見山北中学校に転入してきた「榊原恒一」(さかきばらこういち)だったが、ふとクラスの雰囲気に違和感を覚える。

クラスの関係者から毎月死亡者が発生する、「ある年」。またその現象。
学校の側の指示に逆らってはならないという絶対の掟。

存在しない「ミサキ」。
そんな単語に惹かれ、不思議な存在感を放つ少女「見崎鳴(みさきめい)」へと接触を図ることで、いま起ころうとする怪異への足掛りとしたい恒一だったが・・・・・・。




【Good point】


さすがはミステリー作家、というだけあって(やや尊大な物言いですが)展開の練りこみ世界観の作りこみ伏線、それら全てが余すことなく一作に封入されている「ギッシリ感」には安堵にも似る安定感が感じられます。

理論武装というと本作のイメージと少し離れますが、こうして「不可思議」を作品の中核として扱いながらも、決して論理を逸脱しない細やかな配慮が行き届いているのは、読者自身にも考察の楽しみを損なわせず、うまく機能していると思いました。


また、ミステリー作品ならではの

超常現象は全て人間の手によるもの

という考え方が今回通用しないということもあり、ミステリー作品では”目くらまし”でしかなかった演出が、恐怖心を損なわないキチンとしたものになっている点も注目すべきでしょうか。


another-03.jpg


館シリーズの印象そのまま、「綾辻行人」らしい最後のドンデン返しも顕在で、種明かしに数多の伏線を引用しての解説シーンは、まさに破竹の勢い。

全四巻という短さも相まって中だるみがなく、ややキャラクターのビジュアルを重視したアニメとは違い、しっとりとした作画が本編にあっていて、「読みたいけど分厚くて原作は無理」という人にはまさにうってつけのものになっています。


another-02.jpg


【Bad point】


漫画で表現するには小難しい話が多く、必然的にかなりの文字数が1ページに集約されているので、「漫画だから」といって気軽に読めるものではなくなってしまっています。

原作からカットされた伏線シーンも多く、触りとしては良質ながらも、原作のようにどっぷり考察に浸れるものではなく、アニメのようにキャラクターにも重点を置いた映像的な見栄えもなく、総合的に見ればやや媒体を逸脱した不適当な印象を受けました。


また内容に関しては、ミステリー一辺倒ではない。というあたりに筆者の過去作から影響を受けた人ほど落胆しそうですし、不可思議な現象そのものに関してはなんら現実的な解釈が(少なくとも漫画では)用意されていないので、煮え切らなさも併合しする”ホラーサスペンス”であることは、やはり選り好みを誘発するでしょう。

この辺りは間違いなく好みの問題なのでなんともいえませんが、『ひぐらしのなく頃に』(『解』は含まない)あたりが我慢ならない人にはちょっとオススメし辛いものがありますね。


another-05.jpg


【個人的な戯言】


ミステリーと期待して読んでいた私にとっては、不可思議OK、一部解釈無しに愕然としたものを感じましたが、「結末を知って白ける可能性」も危惧すれば、何はともあれ綺麗に纏まっていた、とは言えるでしょう。

アニメは見ていないのでなんともいえませんが、漫画に比べてキャラクターが多く活躍しているように見えます。絵柄が作風に合わない!合わないよ~、と言いつつちょっと気になってきた昨今。

上の評価ではあえて書きませんでしたが、「赤沢さん」の対策っぷりは一見の価値があります。まぁ漫画だとふにゃ、と行く前に結末にいっちゃいますけど。


another-07.jpg


うみねこのなく頃に、や、ひぐらしのなく頃に。双方の前編が好きな人。
また、そうでなくともミステリーやホラーサスペンスが好きな人ならば結末はさておき、過程にはワクワクできると思います。



気になった方は上記に留意しつつ、購入を検討していただければ幸いです。オススメ。



ヒロイン「鳴」に関しては、謎の多い美少女という出発点があったためか、後半になって血肉が通った動きになってくると途端にかわいらしく見えてくるのがあざといやら上手いやら

個人的にはもう少し主人公が彼女に興味を持つきっかけが強ければ申し分なかったですかね。あの謎少女を追いかけて質問する勇気は私にはありません(笑)。



another-06.jpg



・・・・・・ご趣味はなんでしょうか?








読了お疲れ様でした。
スポンサーサイト
*
○2012/04/08○
赤沢さんprpr・・・失礼しましたwww。

Anotherはアニメしか見ていないんですが、後半のめいちゃんはいいキャラでした。

前半も嫌いではなかったのですが。ww  

マンガもあったのですね。知らなかったです。

アニメ見た限り、伏線やらなんやらで 原作の小説は結構読み辛そうな印象を持っていた

のですがマンガだったらいけそうな気がしますねー。

暖かい陽気漂う今日この頃ですが、私の懐は年中真冬なので考えどころですねーww。

[ 編集 ]
○2012/04/09○
角川推してんな程度の印象。アニメとラノベと漫画かな?最近よく見かけたけど原作があったのか。
[ 編集 ]
○2012/04/10○
原作は見ました。

漫画があったのは今知りました。今度見てみようかな~

小説が原作のアニメや漫画はどうしても内容が薄くなってしまうのが難点ですが、
[ 編集 ]
○2012/04/14○
アニメは録画失敗し
原作は読むには時間がなく
自分は漫画しか読んでないですが面白かったと思います
原作も読んでみたいのですが小説は読むのに時間がかかるので
なかなか手が出せないですね…
[ 編集 ]
○2012/04/14○
返信が大幅に遅れました。申し訳ありません。

> 赤沢さんprpr・・・失礼しましたwww。

アカザーさんは真面目が故のおちょくりやすさがありますよね。前半はわりかし攻撃的な側面が強かったですが、実際にどうこうされたわけでもないので「凶暴」「粗暴」という単語も無縁な嫌いになれない人。

ビジュアル面では鳴同様、キャラ原案者の贔屓が感じられます。

> Anotherはアニメしか見ていないんですが、後半のめいちゃんはいいキャラでした。
> 前半も嫌いではなかったのですが。ww  

前半は不可思議、というより誰なんだコイツ、的な疑問が最初に湧くので親近感はないですからね。
”いないもの”というシステムが理解できてくると途端に「特別に許可します!」とかかわいいこと言ってくれるので前半のギャップにほだされてしまいそう。

> マンガもあったのですね。知らなかったです。
> アニメ見た限り、伏線やらなんやらで 原作の小説は結構読み辛そうな印象を持っていた
> のですがマンガだったらいけそうな気がしますねー。

そうですね。小説ほど読みにくさととっつきにくさは和らいでいると思います。漫画にしてみればやや文字の多さが気になりますが、全4巻完結ということで展開にメリハリが効いていますし、世界観をうまく演出できていると感じました。

ただ駆け足なので余剰分(キャラの掘り下げなど)への配慮はないので、アニメと併用することで楽しむのがいいかもしれませんね。アニメと漫画が合わさって最強に見える・・・・・・!(失)

> 暖かい陽気漂う今日この頃ですが、私の懐は年中真冬なので考えどころですねーww。

いやぁ寒い。サイフ寒いですね。桜咲いてもなにも花開かない。
今月分の使い道は決まりきっているので、最近100円の中古本さえ買えない大飢饉に陥っております。
[ 編集 ]
○2012/04/14○
返信遅れましてございます。ごめんなさい。

> 角川推してんな程度の印象。アニメとラノベと漫画かな?最近よく見かけたけど原作があったのか。

テンション低っ!

原作はラノベというにはハードカバーだし、ミステリーの大御所「綾辻行人」が書いているので定義としては違うのかも。アニメや漫画のキャラクター原案は、メディア派生にともなって「いとうのいぢ」が用意したものなんで、最初からあの絵の小説があるわけではない模様。

世間の流行の乗る、というわけではないですが、この期にお試しで漫画を読んでみるといいかもしれませんな。
[ 編集 ]
○2012/04/14○
返信が大幅に遅れました。申し訳ございません。

> 原作は見ました。
> 漫画があったのは今知りました。今度見てみようかな~

おお、珍しく原作からお入りになりましたか。もしかすると「綾辻行人」のファンだったり・・・・・・?

私は原作未読なのでなんともいえませんが、やはり漫画では大きく展開をカットしてしまっている部分があるらしく、原作小説をしっかり読んでいる人には、絵柄を楽しむ以外にメリットは薄そうです。

個人的には小説で読んでいても、場面場面をイラストで見てみたくなることがありますので、そういった願望などがあれば購入してみても良いかもしれませんね。

> 小説が原作のアニメや漫画はどうしても内容が薄くなってしまうのが難点ですが、

アニメは「即座に読み返せ無い」「過去をすぐに触れ返れない」という最大の弱点が付きまといますし、漫画はあくまで絵に比重が傾いているので噴出しを文字で埋め尽くすわけにもいかないず、双方ちとも簡略化は常のものだといえてしまうでしょうね。

やはり筆者が一番表現したい形として用意した「原作」こそが作品を楽しむのに最適なもなのかもしれません。

[ 編集 ]
○2012/04/14○
> アニメは録画失敗し
> 原作は読むには時間がなく
> 自分は漫画しか読んでないですが面白かったと思います

同じですね~。まぁ私の場合アニメは録画失敗ではなく「できない」のですが・・・・・・(苦)
ただ失敗というと見れるはずだったものが、見れなくなるのでダメージは大きさは計り知れないものがありますね。もっと安くなっておくれ、ブルーレイ!

> 原作も読んでみたいのですが小説は読むのに時間がかかるので
> なかなか手が出せないですね…

見た目からしてごっついです。
表紙には惹かれるものはありますが、さんざ貯まったライトノベルの消化を考えると結局は後回しに。漫画でも究極的な問題点は明示されているので、物語として驚けるものではなくなってしまっているのもモチベーションを下げているのかもしれませんね~。うむむ、悩ましい。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。