espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

漫画感想『惡の華』




今回紹介する作品は、少年マガジンKC刊行、押見修三著『惡の華』です。


【簡単なあらすじ】

ボードレール『悪の華』を愛する少年――「春日高男」は、ある日クラスのマドンナ的存在である「佐伯奈々子」の体操服を盗んでしまう。
己の突発的な行動に罪の意識を覚えた「高男」は、後日盗んだ体操服を隠滅しようと画策するのだが・・・・・・。

一部始終を見ていたクラスの嫌われ者「仲村佐和」から発せられた脅迫まがいの「命令」。それを嫌々ながらも受け入れてしまったことにより、彼の世界は音を立てて崩れていく。


【Good point】

突発的に体操服を盗んでしまうという思春期によく聞く逸話を昇華させた題材ながら、笑い話では済まされない、世間の『常識』を前面に押し出すことより、「取り返しのつかない罪」としての認識をしっかりと読者にも植え付ける描写力に脱帽です。

社会に出れば「殴り合い」は訴訟モノ、ただの「悪戯」も悪質ならば通報モノ。

学校という特殊な世界でこそなりたつ「罪」の形。許されない「罪」の線引きがあり、中学生という思春期真っ只中にある不安定な気質が合致することによって生まれる奇怪な価値観の応酬が、いい意味で客観性を廃させています。

自分の住む町、通う学校こそが世界の全てである彼らにとって、同級生や親に「見限られる」という恐怖が、いかに凄まじいものであるかは恐らく誰もが味わうものでしょう。

一見して狂った描写の多い作品ですが、発展ではなく根本にこういった共感性を感じられることが人気の一因かもしれませんね。


基本的な物語の運びは、1巻表紙の「クソムシ」が印象的な「仲村佐和」が主人公「高男」を体操服の件で強請り、人間性をとことんまで侮辱する、という展開がメインと成りますが、「佐和」が侮辱する際に発する「クソど変態人間」やら「うんち人間」やら、その怜悧な容貌のわりに幼稚な暴言が、義務教育というものを悉く拒否してきた彼女の過去を匂わせ、「奇抜な展開」にのみ目を奪われながらも、こういった人間性を言外に表現する演出の卓抜さも、見所の一つとなっています。

巻数を経るごとにすっかり上下関係が決まりきってしまった二人ではありますが、この知識量の違い、世渡りの得手不得手がどういった影を今後どう落としていくか、非常に興味が沸きますね。


徐々に「謎の女」ではいられなくなってきた「佐和」の背景。「高男」をただ侮辱するというよりは、性的な因子に固執する意味。いよいよ本性を現し始めた「佐伯奈々子」の参戦を含め、物語がどう転がっていくのかわからないからこそ、筆舌に尽くし難い魅力があるのかもしれません。


【Bad point】

主人公が真性のヘタレかつ優柔不断。
体操服を盗んだはいいが、罪悪感塗れで変態にもなりきれず、同い年の女に小突き回される軟弱さに、「主人公=読み手」という感性をもって望むと大火傷をします。

また中学生とはいえ、誰かに相談するという考えにさえ至らない未熟さが際立って描写がなされること。どこか大人や社会の枠組みを馬鹿にした作風であることから、読み手自身の考えや、一般常識と照らし合わせると少なからず癪に障るシーンがあります。

友人関係は必ずといっていいほど「薄っぺらさ」が強調して描かれますし、現時点では素晴らしい人間ドラマもありません。
やたら「性」を意識させるキャラクターの行動も多く、開けっぴろげな物言いはお世辞にも上品とはいえないもので、不快感を感じる人も多いでしょう。

あくまで本作は前例にないくらい「異端」な作風であることをウリにしているのだ、としっかり認識した上で読むべきものであって、漫画の注目度ランキングに載っていたからという理由だけで買うべきでは作品でないことを念頭におかれると良いでしょう。

一部絵が崩れている点。「佐和」の命令が巻数を経るごとに新鮮さを失い、当初の奇抜ささえ失いかけていることにも留意が必要かもしれません。


【個人的な戯言】

何より最初のインパクトが凄いです。

俯瞰して見れば、一見してキ〇ガイ人間の集まりかとしか思えませんが、どのキャラクターも(恐らく)一定の法則に従って動いている節が随所に見られ、「佐和」を筆頭とした言動の裏側を考える楽しみが昨今ではモチベーションの向上になっています。焼け跡から拾われた計画書ははたしてどう今後に繋がっていくのか・・・・・・。

ただ4巻あたりからは、主人公二人組みの突飛な行動に慣れてきてしまって、急展開に耐性ができてしまったのが痛く。
筆者もそれがわかっているのか、あくまで最初は常識人として描かれてきた「奈々子」を病ませてみたり、主人公がただ蹴られて喜ぶだけのマゾになっていたり、成人向けの作品に近くなった分日を追うごとに新鮮さが失われている感覚があります。

残された秘密というのも、考えれば「佐和」の過去ぐらいしか残っていませんし、このまま長く続けるよりは、次巻あたりで一気にエンディングを迎えるぐらいでちょうどいいのかもしれません。







気になった方は上記に留意しつつ、購入を検討していただければ幸いです。














読了お疲れ様でした。

(過激な絵が多いので、今回は画像少な目です。時間がなかったとかそんなんじゃないです、・・・・・・よ?)
スポンサーサイト
*
○2012/03/01○
『悪の華』は読み進めていくにつれ、主人公を含めた人間関係が壊れていく…

佐伯奈々子の変わりようもすごいですよね~

欲望を開放するのは簡単です。

けれど、欲望だけしか優先しないのなら、人間として不完全な気がします……
[ 編集 ]
○2012/03/01○
読んだ事はないが……………何が面白いの?

ここまで生理的嫌悪を抱いたのは久々だなあ。読み進めるうちに何が目的の漫画か良く分からなくなってきたが、ヒロインの復讐を主人公が請け負う話でいいのか?もしくは微エロで読者を釣る漫画なのか。

どちらでもいいけど主人公がヘたれな漫画は見限るな。
[ 編集 ]
○2012/03/03○
返信送れて申し訳ありません。

> 『悪の華』は読み進めていくにつれ、主人公を含めた人間関係が壊れていく…
> 佐伯奈々子の変わりようもすごいですよね~

目に見えた変化として佐伯さんの変わりようは凄まじいですよね。ヤンデレというよる「病んでる」。
誰にも内情を暴露できないいい子ちゃんを演じつづけた結果、という鬱屈した家庭環境という説明がなされますけど、当初から彼女がこういった気質の持ち主だとはあんまり思えないんですよね。
病んでる云々も流行りに乗った(あくまでわたしの)感じで、主人公等の奇行を「間違ってる」と断罪して欲しかったわたしとしてはなんともいえません。

高男の母親の態度がまさしく常識的なものだと思うので、混沌とした状況に一喝をいれて欲しいところ。

> 欲望を開放するのは簡単です。
> けれど、欲望だけしか優先しないのなら、人間として不完全な気がします……

節制と節度こそが人間らしさですよね。もちろん人間の三大欲求は重要で、ときにそれをバネにして行動力を底上げすることも大事だと思います。でもそれは、あくまで人に迷惑を掛けないという前提があってこそのお話。

もちろん今作はコミックで、なんら人に迷惑をかけているわけでもないんですが、こうも「欲望欲望」とがっついてるところを見つづけるのはやや苦痛に思えます。


[ 編集 ]
○2012/03/03○
返信送れて申し訳ない。

> 読んだ事はないが……………何が面白いの?

この表現が適切かはわからないけど、太宰治の『人間失格』が面白く感じるのと似たような印象があるかなぁ、と。

終始つまらない愚痴だらけだし、社会や大人を馬鹿していて不快な節もあるんだけど、例えば突発的な感情表現が妙に達者だったり、人物描写が濃厚だったり、世間的には「斬新さ」がウケたりと、見所がそれなりにある不可思議さが癖になる人も多そうです。

ただ本作に初見で手を出そうとする人はあんまりいないようで、「この漫画がすごい(名称曖昧)」のランキングに入賞したということを知って手を出すことはあっても、純粋な物語に魅せられる人は少ないかな。

強烈な性的描写以外はわりかし気に入っていたので思い切って記事にしましたが、今思うと万人に勧められる作品じゃあないですなぁ。

> ここまで生理的嫌悪を抱いたのは久々だなあ。読み進めるうちに何が目的の漫画か良く分からなくなってきたが、ヒロインの復讐を主人公が請け負う話でいいのか?もしくは微エロで読者を釣る漫画なのか。

記事の説明不足を痛感。補足すると、

ヒロインは体操服を取られた女の子の復讐をするわけではなく、あくまで「体操服の件バラされたくなかったらわたしの言いなりになれ」と都合のいい強請りのネタにしているだけで、「自分が楽しむこと」に本質があります。

主人公「高男」は当然、自分の変態性を好きな子(体側服盗まれた子)にバラされたくないので、結局ヒロインの言いなりになってしまう。・・・・・・というのがシナリオの地盤です。

命令の内容もえぐくて、「好きな子とのデートで、盗んだ体操服を下着として着込め」など、正視し難い出来栄え。

> どちらでもいいけど主人公がヘたれな漫画は見限るな。

エロゲーのように「普通の~」を強調されつつヘタレな場合。もしくは精神年齢が低すぎる場合は、私も打ち切っちゃいますね。スバッと。

ただエロゲーのように魅力的なヒロインに好かれるわけでもなく、幸せ満点に描かれるわけでもなく、「最初から不幸にされることが前提」のキャラクターだったので、落胆がなかった分見限りの沸点が低かったのも事実です。

あくまで本作は、キャラクターを取り巻く環境に重点をあてている(と思われます)ので、キャラクターのヘタレ具合にどうしても目が向いてしまう場合は純粋に「不向きな作品」ということで片付けて問題ないと思いますよ。
[ 編集 ]
○2012/07/26○
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。