espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

ゲーム感想『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』




今回は 2010年11月25日にスパイクから発売された『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』について、小題を建てながらプレイした感想を綴っていきたいと思います。



主な構成としては、

今回(2012年1月27日)の『ネタバレなし(気味)感想』
次回(未定:1月中)の『ネタバレあり+細部感想』

となりますので、未プレイの方は今回の記事のみで切り上げることを推奨いたします。


(記事へのリンク)

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』ネタバレあり詳細感想「前編」
『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』ネタバレあり詳細感想「後編」





あらすじ

私立希望ヶ峰学園。そこは、日本中の「希望」が集まる高校である。

野球、占い、ギャンブル、アイドル、etcetc・・・・・・。
そこには「超高校生級」の肩書きを持つ、名だたる天才が集められていた。

日本中の高校生から唯一ランダムで入学を認められた「超高校級の幸運」として希望ヶ峰の門を潜った、凡人「苗木誠」は、希望の名を関した高校が、絶望に塗り固められていることを知ることとなる。

卒業できるのは、人を殺した「クロ(犯人)」だけ。
生死を賭けた学級裁判の幕が今、上がる・・・・・・!





以下より本文。



ネタバレなし感想(レビュー)


まず本作の基本的な流れとしては、クローズドサークルミステリーにおける探偵役として、プレイヤーが

1、事件現場を検証

2、そこから『犯人』『犯行方法』『動機』などの重要要素を推理

3、集めた証拠などから「犯人(クロ)を炙り出す【学級裁判】」において、矛盾を否定していくことによる犯人を特定

という一連の行動を行っていくことになります。


その点から見るに、本作コンセプトは、あくまで「論破」という方向性にあって、「シロ」(犯人以外の人物)また「クロ」(犯人)の言動矛盾を議論に打ち抜く、探偵役としての爽快感、推理をすることの楽しさに比重を置いたものであることが伺えます。


「ミステリー」や「推理」と言うと誰しも構えてしまうであろう難易度も、本作には有能な補佐役の登場人物が複数登場することで、ミステリー作品に詳しくない人でも問題なくクリアできるものとなっており、証拠が揃わないうちには学級裁判が始まらず、全ての証拠品を集めるために行くべき場所は全て全体マップに表示してくれるという安心設計

裁判で打ち抜く矛盾がわからなくても、ゲームオーバー前にリトライの選択肢が用意されるので、最悪怪しいものを総当りするくらいの気概でも問題ない所もうれしいですね。


danngannronnpa-03.jpg


シナリオについても、「誰かの好感度を上げたからBルートに分岐」とか、「間違えたクロを指定して即バッドエンド」ということはなく、後半の一部に存在する「やり直しが容易なバッドエンド」一つを除いて一本道であるため、比較的「犯人当て」以外の些事に懸念を抱かなくて良くなっている点は評価できます。


ミステリー作品として見れば、誰にでも解ける難易度ということで、常時十全なサポートが付くため「古典作品のお約束」と「あからさますぎる証拠品」が多く、嗜む人にとっては陳腐かつ退屈と評する人もかなりいると思われます。

が、そも「読んだ人間の2割しか答えがわからない」シナリオというのは、読者の解答に依存しない書籍でこそできる芸当であって、本作のような「ゲーム」に適用するには甚だ見当違いの批評であることを理解していただきたいものであります。

ただ難しい文章を書くのは知識があれば出来ることですが、誰にでも理解可能な文章を書くのはその何倍も難しいことです。

2割の人間の矜持より、8割の人間の達成感
推奨年齢は17歳と高めですが、むしろ中高生にこそミステリー楽しさを知ってもらう間口としてプレイして欲しいところ。

少々グロテスクなシーンはありますが、コミカルな絵柄で大分緩和されるため、さほど露骨ではなく。ホラーやスプラッタが苦手な人にも幾分敷居は低めです。


danngannronnpa-06.png


隔離された空間に15人の「天才(超高校級)」が集まり、殺人が行われるという、西尾維新の『クビキリサイクル』を彷彿させる本編でありながら、常人にも理解可能な主人公の存在があることで各人の内面がわかりやすく、各章でメインになる人物の掘り下げが深いため、感情移入のしやすさが段違いであることは、個人的にも評価したい点であります。

全てのキャラクターに見せ場が存在するため、クリアー後に登場人物一覧を見るときの感慨もひとしお

殺人という暗澹としたテーマを前提としながらも、熱い人間ドラマがあるのは、やはり明確な「悪」が用意されているためでしょうが、そこは安着ながらもカタルシスが感ぜられます。

ちなみに一部、終盤の展開に不満を覚える方がいるのも事実ですが、続編を鋭意製作中ということで溜飲の下がる終わり方ではあるかな、というのうが本音です。
もちろん一作で終えられるなら終えてしかるべきですが、容量一杯まで作りこんでいることを考えると手抜きと断じることはできそうにありませんね。


danngannronnpa-04.jpg


最後に気になったこととして、「学級裁判」における議論、「現場検証」による証拠集めが過剰に「アクション」の要素をもっていることにあります。

小さな物品をにカーソルを合わせるため、または動く標的にカーソルを合わせるため、PSPの薄っぺらいアナログパッドを多用する場面が非常に多く、操作性の悪さから図らずもイライラすることが多くありました。

人物に話し掛ける際も、部屋の奥に頭がちょろっと出ているだけで、フラフラするポインタを当てなくてはならず、前面のキャラに連続で話し掛けてしまうこともしばしば。


さらに本作の難易度設定が、「推理」ではなく「アクション」に依存しているということで、ミステリーに造詣があるから~といって最初に高難易度を選んでしまうと違った意味での難易度に悩ませられることになりかねません。
あくまでシナリオを楽しむだけならば、「シンセツ」の難易度レベルから始めましょう

個人的には素晴らしいシナリオにそぐわない、このアクションシーンが苦手で、議論の際に発生するMTB(マシンガントークバトル)というリズムゲームの必要性を含め、やや蛇足感が否めません

特に頭では答えがわかっているのにアナログパッドが汗で滑ってやり直し、という時のイライラ感は筆舌に尽くし難いものがありますね。


ただ学級裁判パートで流れるBGMはどれもシリアスな雰囲気に沿った格好良い演出になっており、必見です。
アクション部分でダレた気力も、この議論開始の演出でしっかり引き締まってしまうところが憎い。

danngannronnpa-05.jpg


本作の主軸はあくまで推理パート人間ドラマ

アクション要素にそれほどの高望みをしなければ、プレイヤーの感情を刺激する一貫して高クォリティーな作品だと断言できるでしょう。
ミステリーの好き嫌いは度外視しても十分楽しめます

個人的には太鼓判を押したくなる出来栄えでした。


廉価版では通常版の不満点であった、「観察眼」と「ランニング」のスキルを最初から所有しているなどプレイング面で更に親切設計になっているので、そちらもオススメ




気になった方は上記に留意しつつ、購入を検討していただければ幸いです。




一応、ここまでで「ネタバレなし感想」はここまで。

次回のネタバレあり感想も現在鋭意執筆中でございます。


danngannronnpa-02.jpg






読了お疲れさまでした。



追記;資格試験の関係で、ブログを運営する時間が限られてきました。週一更新が間に合わなくことはさすがに阻止できますが、コメントの返信が数日遅れる場合があります。ごりょうしょうください。

もちろん返信そのものはキチンとさせていただきますよ!
スポンサーサイト
*
○2012/01/29○
ラノベっぽくて楽しめた。キャラは好感が持てるのが多いけど一話のアレだけは評価が低くなるかな。

ACⅤ手に入ってぼちぼちやってる。レーザーブレード二刀流でやられる前にやれスタイル。
[ 編集 ]
○2012/01/31○
返信送れて申し訳ない。詳細感想の記事をあげたのでそっちもどうぞ。

> ラノベっぽくて楽しめた。キャラは好感が持てるのが多いけど一話のアレだけは評価が低くなるかな。

ミス舞園さん、マジビッチ!
と当初は思っていたけど、自分なりの考えで事件を振り返ってみると、あながち批判一辺倒でもいえない辺りがダンガンロンパに夢中になった動機の一つでもあったり。

詳しいことは詳細感想のほうでまとめてあるので、時間があったら見てくだしあ。

既に世界が終わっている、というトンデモ設定も「ゲーム」や「ライトノベル」でしか味わえない醍醐味。

> AC??蠅貌辰討椶舛椶舛笋辰討襦?譟璽供璽屮譟璽鋲鹽疥?任笋蕕譴訌阿砲笋譽好織ぅ襦

軽量カミカゼは私には無理だ~。
性格なのか遠距離からチマチマやっちまうのがお好みです。

ただACVはamazonの評価を見るに、オンラインが壊滅みたいやね。
目玉である領地戦がほとんどできないばかりか、水増し気味のストーリーの薄っぺらさが凄まじいらしい。もちろん実際にやってみないと何もわからないんだけど、しばらく手を出すのは怖いですね。金銭的+時間的にも。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。