espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

漫画感想『花と奥たん①』







今回紹介する作品は、ビッグコミックススペシャル掲載、高橋しん著『花と奥たん①』です。



【簡単なあらすじ】

「奥たん」は今日も単身赴任の旦那を待っている。
巨大な植物に汚染された野菜もなんのその、その日のご飯のため一生懸命奮闘します!


【Good point】

雰囲気としては、『花のズボラ飯』などと同様、日常のエピソードの大半がその日の献立を考え、食材を調達し、調理し、食すまでを綴った「グルメもの」といったところでしょうか。


描かれるのが『花のズボラ飯』がその名の通り調理法からしての「ズボラ」に対し、きっちり手間暇とバランスと見栄えを考慮したメニューが中心となっているので画面映えに関してはピカイチ

単行本でありながらお馴染みの淡い着色でしっかり色づけされていて、お洒落感が強いですね。


奥たん曰く、「別に楽するために生きてるんでねーし」の言質どおり、毎度毎度の食材探しの大冒険があるので、料理を作るまでの過程にしっかりとした軌跡が用意され、スーパーで買い物して則帰宅、というような単調な物語にしない点は評価すべきでしょう。


世界設定として、「謎の巨大植物に汚染された日本」、そこから発生した「大災害」という重いテーマを背景に重ねることで、『最終兵器彼女』からみられる退廃的な雰囲気の獲得にも成功しており、「帰らない」理由を明確にされない旦那さんを待ちつづける奥たんの健気さと、微量の狂気に気付く頃には、その独特の作風に良い意味で呑まれるのではないでしょうか。


未読の方だと、前述した「食材探しの冒険」という言葉に若干の違和感があると思いますが、まさに文字通りの冒険という認識で問題ありません。

植物に飲み込まれた大都市の描写しかり、朽ちかけた文明にしがみ付くように生き長らえる人間の根強さが緻密に描写されておりました。


hanatookutan-02.jpg


【Bad point】

調理される料理はどれも品数豊富のバランスばっちり。総じて健康的である反面、ジャンクフードにかぶり付くような荒々しさがなく、小洒落た雰囲気のみが前面に出すぎている点はかなり人を選ぶでしょう。

調理方法も切り方、炒め方、諸々細々としていて、丁寧な分自分で実践してみようとは露にも思えません

前提として、野菜を山ほど収穫できる環境にあるため、現実世界の値段を考えると割高にすぎる現実味のなさも本作ならでは、といったところ。


加えて、世界観として設定された「退廃」の雰囲気は、グルメものとしての魅力のみ突き詰めた場合は蛇足であるばかりでなく、主人公である「奥たん」自身の狂気をうかがえてしまうこともあって、「食べる」要素を純粋に楽しむ弊害にも変わりかねません。


1巻の終わりに近づくにつれ、徐々に明らかになる「奥たん」の心理描写が、「楽にできればそれに越したことはない!」と思っている私ような人間にはトゲのある物言いに変わっていくことも含め、主人公への共感性は甚だ低い、と評するが妥当でしょうか。


hanatookutan-03.jpg



【個人的な戯言】

『最終兵器彼女』に似通ったギャグ満点ながら退廃的な雰囲気が拭えない、灰色の演出が大好物です。

あくまで調理過程はおまけ、たまたま簡単そうに出来るのを真似できれば御の字、というスタンスを保ってリアル趣向のファンタジーとして読んでしまうのもアリかもしれません。


人間ドラマという点では、そもそも固有名詞をもったキャラクターが極端に少なく(考え方によっては不在)、世界に起きた事件を、歴史一覧のように解説してくれるわけでもないので、絵柄の美しさと不可解さを同居させた絵本(アートブック)のような心地で流し読むくらいの気概で望むべし。


現在は1巻のみ読了の状態で、続刊が出ているかも不明ですが、2巻からもう少しだけ世界観に踏み込んだ話もあるとバ【Bad point】の大半を解消できるかもしれませんね。



淡い色調と、彩りの良い料理にいろいろな食欲をそそられた作品でした。


気になった方は上記に留意しつつ、購入を検討していただければ幸いです。



hanatookutan-04.jpg







読了お疲れ様でした。
スポンサーサイト
*
○2012/01/26○
トリコか?トリコなのか?とか思ったけどサツマイモ見る限りそこまででかくないな。

ぶっきらぼうな口調の女性というのもありだな。
[ 編集 ]
○2012/01/27○
↑また名前忘れた。

デモが良かったからアーマードコアⅤ買いに出かけたら売り切れてた。今回は縁が無かったという事か……。
[ 編集 ]
○2012/01/27○
返信送れて申し訳ない。

> ↑また名前忘れた。

今回はどうにか気づけたんで、上のコメントも含めて返信~。

> トリコか?トリコなのか?とか思ったけどサツマイモ見る限りそこまででかくないな。

四天王出てきたりはしないんで、純粋なグルメ漫画だと思ってください。とはいえこんなサツマイモが庭になってたら思わずバイオハザードを警戒するレベルじゃないかい・・・・・・?

しかしトリコ人気だよねぇ。身近にいるジャンプファンもトリコは王道で素晴らしい~みたいなこと言ってました。正直にいうと絵が濃くて倦厭してたんだけど、これを機に読んでみるかもしれませんな。青のエクソシストは降板ということで(おい)

> ぶっきらぼうな口調の女性というのもありだな。

この筆者さんは、「ちせ」のイメージが強くて、絵柄も併せると時折乱暴になる言葉が妙に違和感・・・・・・。肝っ玉母さんというには若すぎるし、少女というには既婚だし、辛辣になるまえにもうちょっとキャラを固めてほしかったかなぁというところ。

> デモが良かったからアーマードコア??磴い暴个?韻燭蘿笋蠕擇譴討拭?2鵑榔錣?気?辰燭箸い??帖帖

ACV。いいよねぇ。4から幾分機体が小さくなり、集団戦というか万能ではない泥臭さが目立って素晴らしい。まさかガチタンクに惚れる日が来ようとは・・・・・・。
今度はシングルプレイが大容量ってことで、下手糞すぎてオンラインにさえ手を出せない私としては是非購入したい一品です。

とはいえ今購入すると何も手が付かなくなる没頭気質なので、再来月以降に買えるか否か、というところ。どちらにしてもまずスカイリムから手を出したいですし。とりあえず購入できて、プレイしたときは感想よろ。

映像はいいけど実は作業ゲーだった、とかいう可能性も少なくないですし。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。