espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

漫画感想『ジゼル・アラン』





今回紹介する作品は、ビームコミックスさん刊行、笠井 スイ 著『ジゼル・アラン』です。



【簡単なあらすじ】

「その仕事、私が頼まれようか?」
20世紀初頭、ヨーロッパ。
アパートの大家であり元お嬢様の「ジゼル・アラン」が“何でも屋”を開業する。

モットーは「ネコ探しから夜逃げのお手伝いまで」。
しかし彼女はお嬢様育ちで好奇心旺盛。
家賃滞納を盾に助手の「エリック」を従え、適度に暴走しつつも、真摯に依頼主らへとぶつかっていく。




【Good point】

一目で視線を奪われる圧倒的な描き込み。人物(とりわけ女性)の描き方が個性的だが、合えば眺めているだけで楽しい

物語の中心たる「ジゼル」は、基本暴走しつつも、一般常識を恐れないが故の芯を強さがあるため胸を打たれるシーンが多く。
階級差を臭わせる世界観をあえ表に出し、それをジゼルの生い立ちと現在の行動と対比する手法はあざとくも健気に映り、描写が映えます。

賛否両論はありましょうが、どんなにジゼルが渾身の力で問題にぶつかろうとも「世間」や「悪意」には勝てない時があり、その無力さ、虚しさがひと時訪れる安息を引き立たせている部分が個人的には好きですね。

恋愛に偏らず人間ドラマを話の中核に据えているのも大変好みであります。



【Bad point】

知識人でありながら世間知らずという、「ジゼル」をどう捉えるかによって評価が大きく変わりそうです。
我侭な子供、と見るか。あえて横暴に振舞う「健気」とみるかは重要な分岐点かと。

ジゼル以外の人物への掘り下げが少なく、助手役のエリックについての説明が不足気味で、男視点での共感性が足りない印象があります。
しかして2巻以降、ジゼル、エリックらの過去が語られるとして、それが作品にどのような影を落としてしまうのか心配であることも、不安な要素の一つでしょうか。

女性から男性への高圧的な物言い。タバコという風習への考え方など、時代考証でボロが出そうな舞台であることも気になる人には気になってしまうでしょうか。


giselu02.jpg



【個人的な戯言】

世間知らずのお嬢様呼ばわりに、青筋一歩手前で怒り狂う表情がたまりません
完璧超人ではなく、あえて世間知らず全開で物事にぶつかっていくからこそ惹かれる物語ですね。

安アパートの大家、可憐、世間知らず、ネコ好き、子供好き、ちょっとドジで世間知らず。


あざとい!しかしそれがいい!


物語そのものを楽しむというより、ジゼルの一挙一動を愛でるもの作品であるため、「西欧の重厚な雰囲気を味わう」を目的とした読書はあまりオススメできないので、その点についてはなるべく留意してください。






気になった方は、是非購入を視野にいれてみてください。


giselu03.jpg



読了疲れ様でした。
スポンサーサイト
*
○2011/12/04○
なんなの?ビーム押しなの?

世の不条理に立ち向かうとかだとカッコイイけど考え無しに突っ込むんじゃ無鉄砲のバカになるよな。

過去話交えながらの成長ものになるんかね?
[ 編集 ]
○2011/12/06○
返信送れて申し訳ない(最近この書き出しがデフォになりつつある・・・・・・)

> なんなの?ビーム押しなの?

自分で書いてて「またビームか」ってつぶやきが漏れたくらい意図してないです。記事中誤字だらけなのも意図してないです。縛りというわけでもないけど、やっぱり気に入った絵柄は似てしまうわけですな。

> 世の不条理に立ち向かうとかだとカッコイイけど考え無しに突っ込むんじゃ無鉄砲のバカになるよな。

そのあたり結構微妙なんだよね。
ジゼルは、バカみたいに純情で先のことも考えず、とりあえず目先の困った人を助けてしまうわけ人物。世間知らず故の愛らしさと見るべきか、世間知らず故の恐れ知らず傍若無人なのかは読み手の思惑次第です。

ちなみにどんな粗相をしても、大抵のことにはニヤニヤ眺められるネコ好きな私はジゼル肯定派。もちろん失敗してもそれほど酷い目にはあわない、作風故の防衛線があってのことなのだけれど。

> 過去話交えながらの成長ものになるんかね?

彼女の父親が「家出娘けしから~ん!」的なシーンで一巻が終わるので、二巻からはジゼルが大家になるまでのいきさつに触れなければ進まないでしょうねぇ。それでなくとも、いいとこのお嬢様(服の値段的に)がヨゴレ仕事(おい)やってんだ、的な疑問は1巻からかなり敷き詰められてますから。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。