espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

ARMOREDCORE.foranser、感想




小説用の記事が間に合いそうも無いので、ややコアなネタと、久しぶりのゲームカテゴリで「ARMOREDCORE.foranser(以下acfa)」のプレイレビューのようなものを書いていきたいと思います。

一応かなり昔に「4」についての記事も書かせていただいたのですが、コメント数を見る限り知らない人が多いと思われますので、コメントがつかない前提で記事を書かせていただくことにしますのであしからず。(つまり自己満足と記事数水増し)

プレイ中の方はミッション内容に触れますので留意してください。




序:前作からの変更点について



前作「4」が初心者向け、新規参入歓迎を謳いながら、


固有名詞の詳細が「説明書」に記載されていない
チュートリアルが移動方法までしか用意されていない
ノーマルミッションがとても普通とはいえない高難易度
ストーリーがわかりにくい


などなど、様々な問題を抱えておりました。


しかし今作acfaでは、それぞれ「アセンに必要な固有名詞の解説」「ミッション難易度低下」「マルチエンドによるストーリの厚みを完備」という三つの柱を掲げ不満点の解消に成功している印象を持ちました。

もちろん、元々が難しい前提の作品で「ミッション難易度の低下」とはいっても立ち止まって弾を撃っていればクリアできるものではありませんし、どのエンドでも終盤に至る頃には相当難しいクリア条件を突きつけられますので、誰にでも簡単にとは触れ込みませんが、敷居の高さはアーマードコアらしさを損なわないレベルで限りなく低く設定されているように感じました。


ただエネルギー効率の見直しによって、大抵の機体は息切れをし難く。長期間に飛行、長時間のOB(オーバードブースト)による高速戦闘は前作以上のものなので、速度に振り回される可能性が出て来てしまった点には注意が必要でしょうか。




二:acfaを楽しむためには



数あるロボットアクションと中で、本作の位置付けは「自分で好きな機体を組むことができる」「組んだ機体を自由自在、高速に扱える」という魅力を主軸にし、既に出来上がった既存の機体を中心とする「ACE(アナザーセンチュリーエピソーズ)」シリーズなどとはやや赴きが異なります。


もちろん好きな機体を組める、ということはパーツ選択の自由度が高まる利点もありますが、同時にパーツの性能や機体のコンセプトを考えまでに至らない初心者には膨大なパーツ数に戸惑う原因にもなりかねません。

なので興味のある人は自分にプレイスタイルにあった機体構成を考えることから初めるとよいでしょう。


防御力も攻撃力も移動速度も射撃性能も抜群。
そんな万能な機体は残念ながら作れませんが、弱点があるこその魅力というものがあるような気がいたします。


レベルという概念もなく、ミッションクリアに必要なのは「知識」と「プレイヤースキル」のみなので、鳴れないうちは攻略サイトさんでオススメ機体を構成しながら徐々に自己流を混ぜていけばよい塩梅になると思われます。




三:acfaの魅力とは



思い通りのコンセプトでそれなりに納得の機体さえ作れてしまえば、acfaの魅力を味わう準備は完了です。


本作から登場する、自分の期待の何十倍もの大きさをもつ敵「AF(アームズフォート)」の苛烈な攻撃をQBを用いて可憐に避けつつ、突き崩すも良し。

数々の組織から依頼されるミッションに登場する、パーツさえ揃えば自分で同じものを作ることのできる敵「ネクスト」相手に死力を尽くすも良し。

慣れてくればノーマルモードとは赴きの変わるハードモードで新鮮味を味わうも良し。


クリアランクSSを目指すのも前回ほど難しくはないので、ノーマルモードをそつなくこなせる人ならば挑戦してみるのも悪くありませんね。



プレイレビューはこれくらいでしょうか。



次はやや私的な趣味に走った機体構成(※オフライン機体)とハードモードクリアのための攻略ポイントを自己満足気味に。


私の機体構成のコンセプトは防御、射撃重視の「逃亡機」。


acfa-01mission.jpg



名前もそれっぽくloss of nerve(『固有名詞:臆病風』)から「ローズ・オブ・ナーヴァ」。

Ap37000(数値は凡そ)、実弾防御10000、EN防御8600、PA性能7455という中量2脚ではそれなりの堅さを持ち、遠距離狙撃に重要な射撃安定、精度を高めてあります。

もちろん堅さ相応に、垂直推進のEN消費はほぼ0ですが、地面での水平推進は360km/h、QBの最高速は700km/h、飛びあがりながらQBを使った推進方法では750km/hと遅めなので、狙撃ライフルの射程1400、WGミサイルの射程800(相手が突っ込んでくるので1000でも運用可)を相手が抜けてきた場合はOBで逃げを狙います。

※一応OBはAFグレートウォールのステージを後部ハッチまでノンストップで突き抜けられるだけの持続性がありますのでどのステージにも対応できるはず。

サイドQBをtuneしてようやく中距離で回避らしい回避を行えますが、やはり重めの機体、高速軽量機に詰め寄られれば腕の運動能力とFSCの性能差でただの鉄くずと化しますのでご注意。


運用はあくまでオフラインのリンクス用として。
初期レギュレーション1.00、ノーマルモードのエンド1、エンド2を終えれば誰でも組めますので、ハード機体で悩んでいる人は参考にしてください。積載量に余裕があるのでtuneなしでも両手or両背にコジマキャノン(グレネードキャノンogotoなども)を積める汎用も一つの魅力でしょうか。




最後に。

いろいろと素晴らしい攻略サイトさんはありますが、あくまでこの機体を使ったハードミッション「S」取得攻略も少々記しておきます。



AFスピリット・オブ・マーザウィル(以下マザー)撃破


ハードで追加されるネクスト「ギルドーザー」は無視、マザーの上空へ。
ミサイル発射口をノーマルモード同様に攻撃しますが、相手のミサイルの攻撃力とpa減少率がアホなんじゃないかと思うくらい底上げされていますので、レーダーにピンク色のミサイルが映ったら(特有の音で察知することも可能)自由落下とQBを使って避けに専念しましょう。

武器は両手にスナイパーライフル(距離より弾数)で、まずミサイル発射口を計10撃破、それからwgミサイルで主砲二門を破壊すればクリアです。Apを一万以上削られなければ恐らくSも取得可能です。(ミサイルを先に攻撃するのは破壊した分相手の攻撃頻度が低くなるため)




不明ネクスト+ノーカウント撃破


ハードでは、追加でもう一機ネクスト「鎧土竜」が追加。なんのためのブリーフィングだ、馬鹿馬鹿しい!とオペレーターも激怒。
ハードでSランクを取得するには三指に入るほどの難関とわかった上で以下。

両手にスナイパーライフル、背中は両方wgミサイルでいきましょう。
開始と同時、垂直に上昇して一歩も前後に動かずにいると、20秒程度一方的に攻撃できますので、道路上にいるノーカウントを攻撃ボタン押しっぱなしで狙撃。動き出したらwgミサイルに切り替えて左右、二連続打ち込めばノーカンウトはほぼ撃墜できます。

残ったブッパ・ズ・ガン、鎧土竜はそれぞれコジマミサイル、コジマキャノンが怖いので、「逃亡機」のセオリー通り、距離1400辺りではスナイパーライフル、1000~900の距離でwgミサイルを打ち込み、800のラインを超えられそうになり次第OBで距離を取りましょう。ミサイルは射程距離外から撃っても相手がこちらに近づいてくる分距離が縮まりますので1000くらいならば当ります。

クリアするだけならば僚機を雇っても可。S取得を目指す場合は序盤でノーカウントを討ちもらしたならばリトライ推奨です。やはり一万以上APを削られるとSは無理なようです。




アルテリア・カーパルス占拠


ノーマルでさえ敵ネクスト4機という凄まじいミッションですが、ハードでは1機増えて計5機。通称人類の敵を完全抹殺するのに全力です。

正攻法で真正面から戦うと中級者レベルでも4機目あたりで轟沈すると思われますのでこちらは外道らしく姑息に立ち回ります

武器は両手にコジマキャノン。必要とあらばアームをEN武器適正が高いものに変更し、同様tuneもしてください。背中にはやはりwgミサイルを装備。

開始からコジマキャノンを溜め、「所詮は獣~」という水没ダルヴァのセリフを聞こえた後、海上からOBしてくる5機の内2機を打ち落とします。(5機が飛んでくる位置は固定なので覚えましょう)

この時、狙う機体によっては一撃で落ちない場合もありますが、一発当てたならば続行してかまいません。そのまま5機(~3機)が塀の向こうに行くので、こちらは壁を挟んで海側に待機します。

幾機かが壁越しにこちらを狙っている状態なりますので、次は僚機「オールド・キング」が撃墜されるまでぼーっと傍観しましょう。

うまくいけばオールド・キングが一体撃破~中破にまで追い込み、前述を含めて順調にいけば相手は残り2機(運が悪くても4機(内大破2体程度))となります。後は壁の隙間からチラチラと餌(自機)を見せて一機ごとにおびき寄せ、逃亡機のセオリーにしたがって戦いましょう。

同時に戦うための敵なのか一機、一機の攻撃頻度が低くくwgミサイルを当てていけば問題なく撃墜できます。1万5千くらいAPを削られてもSを取得できたと思うので、削られてもリトライを急がないようにしましょう。



acfa-02mission.jpg




ほかにもっと効率の良い方法はあると思いますが、簡単にクリアするだけならば参考程度にはなると思いますので、よろしければ。






趣味の話のせいか大分長くなりまして申し訳ありません。







読了お疲れ様でした。


スポンサーサイト
*
○2011/09/13○
何の意味かさっぱり分からないが全部Sで埋まっているのとか見るとやり込んでるのね。やるじゃん。

私がやるなら攻撃と機動特化の紙装甲でごり押しかな?それで詰まった所で終わるみたいな?ストーリーがあるなら終わるまではやるだろうけど。

話は変わるが東方まだ~?
[ 編集 ]
○2011/09/16○
返信送れて申し訳ない。というかコメントついてないと思い込みすぎてスルーしてましたい。(おーい)


> 何の意味かさっぱり分からないが全部Sで埋まっているのとか見るとやり込んでるのね。やるじゃん。

たぶんacfaを普通にプレイしている人にもよくわからない内容なんじゃないかなぁと。
基本ゲームはやりこまず、追加要素さえ埋まればあまり固執しない性質なのですが、このゲームはキャラクターではないけれど、まさに自分そのものといえる機体をギュンギュン動かせるので内容含め、爽快感に嵌ったクチです。4からの新規参入者でもオールS取れるのでたぶん難易度は低めなんでしょうね~。


> 私がやるなら攻撃と機動特化の紙装甲でごり押しかな?それで詰まった所で終わるみたいな?ストーリーがあるなら終わるまではやるだろうけど。

軽量、高速、機動特化、そこに相手をほぼ一撃で仕留められる通称物理ブレードを詰めば良い機体になりますな。実を言うとオンラインでTOPに並ぶ人たちはこの「紙装甲高速機」が多いので、既に素質からして私とは一味違う!まっさきに後ろ方向への推進力を高めたチキンはなかなかおりますまい。

> 話は変わるが東方まだ~?

まだ覚えておったか・・・・・・。(こら)

正直今にも失踪しそうな塩梅ではありますが、やはり納期を定めないとズルズルしてしまいそう。
なので無理は承知で10月初めに久々の掲載と銘打ち、そこからまた一定区切りで更新を続けていけたらなぁ、と思っております。苦しい~。
[ 編集 ]
○2011/09/22○
遅くなりましたがゲームネタなので食いつかずにはいられなかったので…
まず最初に
オールSおめでとうございます

ACfa僕もプレイしました
かなり前なので間違ってたらすみません

ACシリーズは敷居が高いことで有名(たぶん)ですが記事にもある通り今作は初心者でも楽しめるちょうどいい難易度でよかったと思います

AFは特攻+近接で瞬殺できてしまうやつが何機かあった気がするのでもう少し手応えがあってもよかったかと思います

オールSとれてもオンラインにいけば
気付いたら撃墜されてるという経験をし
やはり敷居が高いなと思い知らされたのもいい思い出です…
[ 編集 ]
○2011/09/22○
> 遅くなりましたがゲームネタなので食いつかずにはいられなかったので…
> まず最初に
> オールSおめでとうございます

ありがとうございます!

4からの新規参入者としては難易度低めであってもSがずらっと並ぶ光景には感動があります。1ミッション単位が凄く短いので、コンプリート自体にはそれほど日数はかかりませんでしたが、最後のミッションは試行錯誤の繰り返しだったのでSランク取得にはサルのように喜びました。

> ACfa僕もプレイしました
> かなり前なので間違ってたらすみません
> ACシリーズは敷居が高いことで有名(たぶん)ですが記事にもある通り今作は初心者でも楽しめるちょうどいい難易度でよかったと思います

次世代機の中ではもう古いソフトですよね~。
一応2000円台を切り始めたあたりから虎視眈々と購入を狙ってはいたのですが、いざ買おうとすると品切れに品切れ、しかしネットで買うには送料がネックで、と悪状況が重なり、4から大分間があいてしまいました。

難易度についてはやはり皆々様方感じておりますように、アーマード・コアらしさを発揮しながらも敷居は低めですよね。初期の機体が強いということもありますが、何より固有名詞の説明がキチンと説明書に記載されていることが個人的には大きかったですね。

4の機体デザインを見返してみると、もはや見た目が良いパーツを練り合わせた凄まじい無駄遣いっぷり・・・・・・(汗)

> AFは特攻+近接で瞬殺できてしまうやつが何機かあった気がするのでもう少し手応えがあってもよかったかと思います

マザーウィル以外(あと一応カブラカン)では基本両手に物理ブレードで瞬殺ですからね。アンサラーに関してはほんの少しだけコツはいりますが、ランドグリーズ、スティグロさんは下手すれば対面して数秒でケリがついてしまいますし、総じて物足りない印象はありますね。

> オールSとれてもオンラインにいけば
> 気付いたら撃墜されてるという経験をし
> やはり敷居が高いなと思い知らされたのもいい思い出です…

現在でもオンラインに入っている人は鬼畜といわれるゲーム内のオンライン実績を解除されているようなイレギュラー揃いですから。

一応相手にならないことを承知で高速、近距離戦闘主体、アサルトアーマーを搭載したオンライン専用機で参戦したことはありますが、恐らく五割も削れていれば御の字といった有様でした。

切磋琢磨することで楽しむこともオンラインの醍醐味なのでしょうが、どうもオフラインでちまちまやっているほうが個人的な性にはあっているようです。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。