espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

みにくいあひるの恋、雑感









そう慌てんなよ―――
死ぬつもりなら、とっくの昔にくたばってる。








MF文庫さん刊行、日日日著『みにくいあひるの恋』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

そして医学は敗北し、恋愛は「病名」になった。

人が恋をすることで死に至る病が蔓延する世界。男らしさとは掛け離れた美しい容姿の主人公「白鳥陀衣(しらとりだい)」は、ある日校内で天使とさえ呼ばれる美しい少女「金城あひる(かねしろあひる)」に、ある告白を受けることとなる。


読み終わった感想は「突飛な世界観を上手く用いながらも、肝心の主人公とヒロインの心理描写が希薄な分評価が下がった作品」といったところでしょうか。(長い)




今作でまず気になったのは、物語の始発点として描かれる「あひる」の告白シーンの根底に、主人公の顔がかわいいから、という理由で行われた「容姿至上主義」が存在すること、そして上っ面の嫌悪から「自分を嫌ってくれる相手」だから、とそのあひるを逆に好ましく感じてしまう突飛な発想にいたった陀衣という2人のキャラクターが織り成す的外れの導入が作品全体に深く根を下ろしていまっているように思えてならない点にあります。

一方は好み顔。
一方は自分に都合の良い思想を持つ相手。

それは奇麗事を無くせば始発点は己の利己に深くよっていることを明示していて、お世辞にも煽り文句である「ピュアな恋」とは呼ぶにも呼べぬ代物になってしまっているように見えてしまいました。



あひるにのみ関して言えば、10歩ほど譲って容姿から陀衣に興味を持ちながらも、終盤への経過には恋愛へと到っていく過程が簡易ながらも用意されており、死と直結する「恋患い」へ猛進していくことにそれほど莫大な違和感はありませんでしたが、陀衣に関しては結局最後まであひるの好意に「気がつかない」天然記念物級の鈍さを持つ事が明らかになるにつれ、あひる姉妹の全ての行動が途端に独り相撲と化し、物語えを読み終える頃には多大な空虚さと憤りが湧き上がるのを禁じ得ませんでした。



ヒロインら女性の好感に陀衣は気付かないのか、気付けないのか、それとも気付いていて知らない振りをしているのかは筆者ではありませんのでわかりませんが、短編として十分通用する作品を次巻への引き伸ばしのためだけに蔑ろにしているようにしか見えず、蛇足であるよう見受けられても仕様がないように思われます。




キャラクター全般に関しては、上記に比例し主要人物である主人公らに緻密な過去の描写が用意されなかったことで行動原理に深みがなく、己の利益に比重を置いた共感性を呼ばない行動そのものにも終始しているため、決して素晴らしいとはいえないことは事実であります。


しかし恋愛という死に至る病を知り尽くすが故、妹である「あひる」への愛情を一点に無言で罪を引っかぶっていく「紫舞沢遊菊(しぶさわゆうぎく)」の行動全般にのみ関しては言えば、奇麗事と薄っぺらい言動に塗れた物語に、まるで別の作品からやってきたような「濃厚な泥臭さ」をぶちまけることで、本編のヒューマンスートリーとしての厚みを最低限でも取り戻すことに一役を買い、今作の評価をギリギリのところで引き止めた最大の要因になったと思われます。


中でも、

「かわいそうなあひるを助けるんだ」

とばかりに青臭い理論を振りかざし、遊菊の前に立ちふさがる主人公をものともせず、トラックで轢き殺そうと画策したシーンには、不謹慎ながら思わず快哉を上げたくなるような痛快さがありました。




恋をすることで死ぬ可能性がある、という『恋の病』という土壌、及び世界観に関しては、

そして医学は敗北し、恋愛は『病名』になった

という一文を持って読み手に強烈な印象を与えることに成功しながら、陀衣ら世代に継承された『兄妹』というシステムの異質さに加え、親世代に蔓延する『恋の病』の恐怖という要素があったことで物語に障害を生み、結果として平坦なストーリーにうまく起伏を産んでおり、総じてよく練られた印象があります。


もちろん。

恋愛をすると特殊な細胞が体内を席巻する、というような漠然として説明がありながらも空想科学的な見地での説明は皆無であること。

恋愛をすると死んでしまう。という「する」時間が、果して恋に落ちた瞬間なのか、恒久的に続いていくものなのかがはっきりしないこと。

『兄妹』というシステムが実績を伴っているのかの検証がなされていないこと。

などなど様々な疑問が沸き立ってしまう強烈な世界観ゆえ、やや突飛に感じられてしまう場面も少なくはありませんが、本作の比重がどこに置かれているのかを思えば残念ながらも瑣末事と割り切ってしまえるのかもしれません。




最後に。
個人的に気になった、というよりは「気に入らない」部分として、陀衣の「女っぽい自分が嫌い」、という発言がそれほど真に迫った悩みでないように見えてしまうことにあります。


妹に髪を切るなといわれたから、いつまでも長く伸ばすという思考はもとより、なよなよとした細い体が嫌いにも関わらず鍛えようという発想がない、服装の趣味もやけに華美。というのは、どう考えても不自然であることは言うまでもなく。いかに熱くト書きで「男らしくなりたい」と書かれても疑いの視線をもってしまうのが実情であります。



見た目が女っぽくても心は男。
そんな歴代の「女装もの」作品の主人公を見てきた身としては、なんとも不完全燃焼かつ感情移入のし難い主人公でありました。







気になった方は上記を留意して購入していただければ幸いです。
無論オススメとは言えませんが、主人公より主人公らしく、男より男らしい遊菊の活躍は一度見てもらいたいものです。














読了お疲れ様でした。



※今回、更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

スポンサーサイト
*
○2011/09/04○
>>ヒロインら女性の好感に陀衣は気付かないのか、気付けないのか、それとも気付いていて知らない振りをしているのかは筆者ではありませんのでわかりませんが、短編として十分通用する作品を次巻への引き伸ばしのためだけに蔑ろにしているようにしか見えず

だってMF文庫だし。主人公は病気か?ってぐらいの鈍感ぶり、ヒロインはツンデレという皮を被った理不尽暴力が標準なMF文庫。

日日日先生の作品は二作品しか読んでいないが両方が萌えに見せかけたグロ小説だったり、唐突な展開というかぶつ切りな展開が多かったので購入を躊躇う作家の一人。

イラストに騙されてみるか~と読んだら本当に騙された最新作。やっぱりこの作家は合わないなと感じた。
[ 編集 ]
○2011/09/07○
返信送れて申し訳ない。

> >>ヒロインら女性の好感に陀衣は気付かないのか、気付けないのか、それとも気付いていて知らない振りをしているのかは筆者ではありませんのでわかりませんが、短編として十分通用する作品を次巻への引き伸ばしのためだけに蔑ろにしているようにしか見えず

> だってMF文庫だし。主人公は病気か?ってぐらいの鈍感ぶり、ヒロインはツンデレという皮を被った理不尽暴力が標準なMF文庫。

MF文庫さんはあんまり読まないのでなんともいえないんですがそんなに似通ったテーマがあるんですねぇ。とはいえ主人公が鈍感でイライラするっていうのは昔から今に掛けても廃らない「お約束」みたいなものですからライトノベルらしいといってしまえばらいしのかもしれませんね。

次の巻では新しいヒロインを、と画策している筆者にとっては1人のヒロインに熱を上げられると困る場面も少なからずありますし。

理不尽な暴力に関してはまさに今作もあるのですが、一応裏の理由がはっきり語られるので寛容に流せるレベルかなぁ、・・・とは思いますが殴る蹴る、花瓶の水をぶっかけるという行為を自分ために他人に押し付け入るのですから謝罪ぐらいはされるべきだと思いますね。

これから読む本のストックに結構MF文庫さんのものがあるんで少々心配になってきましたなぁ・・・・・・。


> 日日日先生の作品は二作品しか読んでいないが両方が萌えに見せかけたグロ小説だったり、唐突な展開というかぶつ切りな展開が多かったので購入を躊躇う作家の一人。

狂乱家族日記で入り、今作が二作目ということもあってそれほど嫌いな作家さんではないんですが、設定が突飛な分、それに展開が振り回されている印象があります。あと主人公&ヒロインよりも端役のほうが魅力的に描けているように感じられる部分もしばしば。いろいろな本を出版されている人ですけど、一作一作の作りこみは大分甘いのかもしれません。


> イラストに騙されてみるか~と読んだら本当に騙された最新作。やっぱりこの作家は合わないなと感じた。

イラストに騙されるというのは最早私のデフォルトですかね~。逆に表紙があんまり好きでないものは前評判が良くても購買意欲を損ないかけます。

無意味な下着露出、やたらめったら淫靡なイメージはもとより、崩れも気になるところ。電撃文庫さん以外は裏にあらすじがかかれているので内容判断ができますが、それ以外だとどうしても絵に比重が傾きがちです。

もちろんネットや小説に挟まれている次月の発売予定表を見ればよいのでしょうが、店頭に並んでいるものを適当に選ぶスタイルには苦しいものが・・・・・・。
[ 編集 ]
○2011/09/08○
久々にコメントを書きます。

そして、いきなりですが、私はこの作品はあまり好きではありません(;一_一)

昔一度、三巻くらいまで読みましたが、楽しい恋愛が大好きなサカナ狩りには耐えられないないようでした。

すでに内容もほとんど覚えていませんが、とりあえず合わなかったことだけ覚えております。

>不完全燃焼かつ感情移入のし難い主人公でありました

同感です!!
[ 編集 ]
○2011/09/08○
> そして、いきなりですが、私はこの作品はあまり好きではありません(;一_一)
> 昔一度、三巻くらいまで読みましたが、楽しい恋愛が大好きなサカナ狩りには耐えられないないようでした。
> すでに内容もほとんど覚えていませんが、とりあえず合わなかったことだけ覚えております。

死の病、という前提があるので気軽な恋愛というイメージはたしかにありませんね。個人的にはむしろこれぐらい悲劇的なほうがキス一つとっても重要性が上がりそうな印象がありましたが、それも突き詰めれば「重い」だけなんですよね。

続巻が出ていることに今更気付きましたが、この題材を効果的に使うならば次のない、という意味で短編がベストであるように想いますね。新しいキャラクター、新しいヒロインも悲劇をウリにされそうで辛いところ。



> >不完全燃焼かつ感情移入のし難い主人公でありました
> 同感です!!


女っぽいのが嫌~。と言う割に容姿を男らしくする努力もなく。言動は総じて青く。あれだけ「あひる」にアピールされ、遊菊が人生をかけてまで妨害したというのに「あひるさんは僕が嫌いなんですよね!」とにっこり言われたときはさすがに捻り潰したくなる衝動を覚えました。

心情描写がいちいち女言葉で、いい人というよりはただのお節介焼き。いつのまにか人望という武器を手に入れて振りかざしはしますけど、他力本願の極みといわれればその一言に終始することも含め、どうにも共感性を持てない主人公となってしまいました。

無駄に次へつなげるより、しっかり締めるべき作品だったように思いますね。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。