espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

アクセル・ワールド1―黒雪姫の帰還―、雑感









もっと先へ……《加速》したくはないか、少年








電撃文庫さん刊行、川原礫著『アクセル・ワールド1―黒雪姫の帰還―』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

太った体系と、どこかオドオドとした雰囲気からイジメを受ける主人公「有田春雪(ありたはるゆき)」は苦しい現実から逃避するためにネットで黙々と時間を潰つぶしていた。
そんなある日、ひょんなことから学園随一の美貌を持つ少女、通称『黒雪姫(くろゆきひめ)』に出会い、日常を逸脱する「とあるプログラム」を渡されたことで、彼の日常は大きく変容していくことになる。


読み終わった感想は「セオリーとは違って好かれない主人公を登場させながらうまく活用した作品」といったところでしょうか。



今作で重要なのは、何よりも主人公が「好かれない人間」の代表格であり、また本人もそれを自覚している点にある、と言うことができるでしょう。


他の作品に登場する、ほぼ完璧な容姿と行動力、信念を持ちながら、ヒロインら女性キャラクターの好意(女性という生き物への付き合い方を含め)に鈍感な主人公というものに多大な違和感があったのに対し、好意の「裏」を勘ぐってしまうがゆえに、それを素直に受け取れことのできない土壌がしっかりと用意されていたため、色恋に関するセリフの一つ一つに不自然さを感じなかった点は評価に値する要素だと思います。



また「外見は良いが結果好かれなかった男」と「外見が悪いが結果好かれてしまった男」の対比が丁寧に描かれ、双方、無理の無い範疇に収まった戸惑いが垣間見えることを含め、それぞれの主張に等身大の臆病さが見えること。


最終的な“喧嘩”で、相手を徹底的に「悪」側に描写することで、それを叩きのめすことが「正義」だと解釈させることなく、うまく両成敗へ持っていたこともあって、読了後の不快感が少なめであることも特筆すべきものでしょう。



登場キャラクター全般に関しては、上述したように過去の掘り下げや内面描写が幼馴染三人に集中してしまったことでヒロインの『黒雪姫』に関する共感性は正直少ない印象がありますが、考え方によっては高嶺の花らしく謎めいている部分が今後の焦点になるとも言え、将来性がないとはいえず。

生徒手帳の件をそのまま頭から信じれば、単なる導き役としてではなく「ヒロイン」としての魅力も決して低くなかったように感じました。



内向的かつ後ろ向き思考な太った男。という表現で登場しながらも、絵面だけで見ればやたら愛嬌のある姿の「ハルユキ」に含め、わりかし真に迫った人間関係を中心とした物語作りながらも導入部分である学校でのイジメにそれほど固着せず、あっさり流して次の展開に結び付けていくことで雰囲気を暗くさせない努力が見られるのも、よい判断だと言えるのではないでしょうか。




世界観そのものに関しては、現代より文明が進んだ社会が舞台ということもあっていろいろと勝手の違う部分が垣間見える印象があり、その雰囲気が戯画さん発のノベルゲーム「バルドシリーズ」で見られる近未来像に似ていたことから私自身それほど違和感がありませんでしたが、基本的な社会構造や世界観への言及がわりかし少なく、想像し難い印象を持つ人が少なからずいるかもしれません。



その一方で「バースト・リンク」を用いた戦闘に関しては、名前とは違ってスピード感よりも描写の「わかり易さ」に比重が置かれているように思われ、物々しい、または「詩的な言い回し」が少なく読みやい印象が強かったですね。時間の概念や避け方、体捌き、ステップの踏み方、などもろもろの要素を的確に省いているように感じられました。



耐久力の減り方や、それに伴う身体機能の低下などの説明がやや感覚的で、筆者の故意を感じる部分が多くあったこともまた事実ですが、そのシンプルな戦い方が土台としてあるが故、後半に反面する主人公機の特性が強く生きたようにも思われます。



一度も当らない必殺技『ヘッドバット』が実は地を割くほどの威力なのだろうか、と妙な方向に思考が働いた私だからこそなのかもしれませんが、『パンチ』や『キック』という地味な攻撃しか持たない機体に対し、速さを附随して攻撃力を底上げするという構成は、いかにも「タイトル」どおりな塩梅ではありましたが、胸の透くような納得の結論といっても過言ではないでしょう。





最後に。

ハルユキを取り巻く家庭環境がどれだけ当人に影響を与えているのか、ということに端を発し、家族というワードに一巻ではほとんど触れなかったこと。

「ゲームは高みを目指すためにやるもの」という言葉からハルユキが目指すべき到達点がレベル10にあることは理解できるものの、それが他人の拠り所を奪ってしまう可能性があることに当人があまり頓着していないように見えること。

などが読み終わった後の違和感として挙げられることができますが、それも次巻以降への布石としてみれば強く批判する要素ではないのかもしれませんね。





最近読んだライトノベルの中では十分良作といえるものでありました。
気になった方は是非購入してみてください。オススメです














読了お疲れ様でした。
スポンサーサイト
*
○2011/08/29○
主人公は幼馴染の二人にゴメンナサイするべきだよね。タクミさんには現実で殴られても反論出来ないよね。女の頭も軽すぎるけど、恋愛感情無いのに付き合うように唆したのは主人公だよね。……あの肉まん、ゴム鞠みたいに吹っ飛ばされねえかな。

主人公の境遇への同情よりも幼馴染への行動が酷すぎてちょっと好感が持てない。

むしろ幼馴染のタクミさんが不憫でしょうがない印象。
[ 編集 ]
○2011/08/30○
> 主人公は幼馴染の二人にゴメンナサイするべきだよね。タクミさんには現実で殴られても反論出来ないよね。女の頭も軽すぎるけど、恋愛感情無いのに付き合うように唆したのは主人公だよね。……あの肉まん、ゴム鞠みたいに吹っ飛ばされねえかな。

な、何か荒んだオーラが見える!

通称「肉まん体系」も頑張って減量すれば少なくとも一般的な質量には戻るわけで、容姿にコンプレックスがあるなら尚のこと改善の努力はするべきではないか。

と書き終わった後思ったんだけど、更に罪を重ねていたとは・・・・・恐ろしいファットマンめ!

イケメンと幼馴染が付き合っているのを指を加えて見ている主人公、・・・・・・という構成だと念頭から信じていたため同情を禁じえませんでしたけど、良かれと思った行動が自分の首をしめている時点で自業自得。ついでに他人巻き込んだ分で負債が増えている計算になりますな。


> 主人公の境遇への同情よりも幼馴染への行動が酷すぎてちょっと好感が持てない。

その辺りは主眼じゃないのかあまり意味深に語られていない印象。
そそのかした時点では中学生(小学生?)ということもあるから、まぁ一概に意図的な悪意が感じられない分、余計に癪に障るのかもしれませんな。


> むしろ幼馴染のタクミさんが不憫でしょうがない印象。

タクミさんもバックドアの件でややストーカーっぽい真似をし始めてるんで、ファットマンの愚行を差し引いても好きにはなれないところ。

話のネタやら世界観的には主人公らを高校生くらいに設定したほうが行動の裏を想像する余地ができる上、違和感が少なかったように思います。中学生の会話じゃないだろ、って部分がチラホラ見えますし、その癖一部の言動が幼いものだから全体的に噛み合せが悪いのではないかと。

次巻辺りでかませ犬化しそうなタクミさんですが、まぁ出番があっただけ良しということに・・・・・・なりませんかね?
[ 編集 ]
○2011/08/31○
esplia先生

お疲れ様です☆

このシリーズは、当初から話題で人気のある作品みたいですね。
他のブログさんたちでも記事をよく見かけます。
主人公の設定人物像は珍しいようで、非常に興味があります。
先生のオススメ☆ですか!
了解しました♪

失礼します(*- -)(*_ _)ペコ
[ 編集 ]
○2011/09/01○
返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

> このシリーズは、当初から話題で人気のある作品みたいですね。
> 他のブログさんたちでも記事をよく見かけます。

ソードアートオンライン(タイトルがうろ覚えです)を含め、相当数の良作を輩出されておられるようですからかなり有名な作家さんであることは購入前から知っておりました。

恋愛というよりはやや「ゲーム」という構成そのものにスポットを当てたものですので大衆向けとはいえませんが深夜枠のアニメとして放映されてもなんら遜色のない作品となりそうです。むしろ他の作品が恋愛にこっぴどく傾注している間に放映されればかなりのヒットを飛ばすかもしれませんね。

> 主人公の設定人物像は珍しいようで、非常に興味があります。

基本は「平凡」と銘を打たれてもイケメンが主役というのがセオリーですからね。

絵で見た場合にはスライムをにおわすようなポヨポヨ体系ということもあって嫌悪感というものはそれほどありませんが、「太った子供でゲーム好き、おまけにネガティブ」という字面上の設定はかなり異色を放っているように感じられます。

もちろん、今作の主人公にしても、ヒロインらに見初められる過程には「一般人では持ち得ない才能」が前提になっておりますので、かなり残念な顔面の私であっても共感性があったか、といわれるとそうでもなかったわけですが、あくまで一線画す奇抜さの起爆剤としてはなかなかの効力を発揮しているのではないでしょうか。

> 先生のオススメ☆ですか!

読み終わった後に面白かったなぁ~と思うものは例外なくオススメさせてもらっていますので、万人向けに面白いか?と聞かれると弱いと思います。とはいえ私もオススメする以上は嘘を付けませんので、気になったならば是非購入していただければ幸いですね。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。