espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

付喪堂骨董店【不思議取り扱います】、雑感

tukumodoukottoutenn-01.jpg





――全てが、耐え難いくらいに、鮮明に。
だから・・・・・・

書いたことを全て忘れることができるノートってありませんか?





電気文庫さん刊行、御堂彰彦著『付喪堂骨董店【不思議取り扱います】』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

それは骨董という意味ではなく、不可思議な力を持つ超常物として“アンティーク”と呼ばれるアイテムが、この世にはあった。それは例えば、幸運を呼ぶ石。髪の伸びる人形。

付喪堂骨董店―fake―は、そんな“アンティーク”の「贋作」を扱う店である。
そこで従業員として働く「刻也(ときや)」と「咲(さき)」は、本物の“アンティーク”が起こす様々な事件へと巻き込まれていく。


読み終わった感想は「キャラクターへの掘り下げが薄いことで、物語にのめり込み難い部分が多々見られた作品」といったところでしょうか。



作品の形態は、簡易のあらすじに書いたよう、不思議な力を有する“アンティーク”という呪具を巡って起こる事件が小話形式で収集された、いわば短編集というべきものであります。


ただ、作中で殊更クローズアップされるのは、毎度登場する“アンティーク”の不可思議な能力とそれを巡った事件「のみ」で、事件に関わりを持つ「刻也」達主人公側の人間についての過去やバックボーン、心理には基本、全く言及がされていません。(第四章に関しては例外)


それ故に、彼等の活躍や懊悩といった王道的な要素が半減してしまい、事件の奇特さや物語の構成などに、面白さの比重が偏ってしまっているよう、感じられました。


有体に言えば、実に淡白かつ「薄味」。それを短編集特有の気軽さとして良しと見るか、悪しと見るかは、意見が分かれそうです。



第一章に関しては、一人称、二人称を上手く使った叙述トリックを含め、数多の伏線を意欲的に配置した、野心的な作風と、「偶然を必然として起こす」“アンティーク”を巡った心の闇がうまく描写されていたことが印象的な作品であり。

第二章にしても、主人公側ではないものの、とある重要人物の心理描写が各所で綿密に展開され、後半への展開のつなげ方に十全の納得と理解が得られるような配置が工夫されており、これまた上手い印象を持ちました。



その一方で、第三章は、配した伏線が、「伏」線でありながらも、最初から違和感を放ってしまうという致命的な事実が仇となり、後半の唐突な展開も相まって、そのスピード感に読者が振り落とされていてしまっている感覚があり。


第四章は、初めて、主人公側のキャラクターのみ登場するアットホームな物語構成でありながら、今まで掘り下げの無かった傍観者としての立場が強くかった人物たちに、いきなり惚れた腫れたの恋愛話を持ってこられても(実質的な違うのだろうが)共感ができないこと。また、第三章同様、伏線があまりにも露骨すぎることから驚きが薄いことが大きな失点になってしまっているよう思いました。


総じて。本編で重要な物語の構成に関して、面白く感じられたのが、五分五分といった按配になってしまっている点は憂慮すべきでしょう。



キャラクターに関しても、ヒロインである「咲」が、天然である上、表面上とっつき難く、かといって辛辣過ぎる訳でもない微妙なバランス(絶妙ではない)の上に立っていること、主人公たる「刻也」の表面的な性格の悪さが前面に押し出されていること、などの理由から、双方あまり魅力的に感じなかったのも、作品の評価に影響を与えているように思いました。


せめて二人の出会いだとか、馴れ初めだとかのイベントが、一つや二つ用意されているのならば、表面的なセリフの裏側を想像する楽しみが生まれるのですが。それがない以上、想像を広げるにはやはり限界というものがありますね。



最後。
個人的に気になったことは、不思議な道具を巡った不可思議な物語でありながら、その大半が「血生臭い事件」との関連しか持たず、同じく不思議な道具を巡る物語である『XXXHOLiC』とは違い、情緒に訴えかけるような静かな話がなかったことが残念でしたね。



小話形式ゆえの読みやすさ、キャラクターの掘り下げが少ないからこそ、実現する薄味な物語

その作風を理解した上で、なお気になるという方は読んでみてはいかがでしょうか。







読了お疲れ様でした。




※東方SS第二章【前編】の掲載がそろそろ現実味を帯びてまいりましたので、17日の夜に更新させていただく旨をご報告申し上げます。難産ゆえ、今回は今まで以上に見苦しい文章となってしまいましたが、長くお待たせしましたことをお詫びいたします。
スポンサーサイト
*
○2011/06/16○
まあ、なんと言うか「笑ゥせぇるすまん」みたいな展開が多いよな。自業自得で破滅していく所が

後の巻になれば少しずつ主人公メインにシフトしていくよ。完全なメインは最終巻だけだったような気がするが。

>>17日の夜に更新させていただく旨をご報告申し上げます。

となると後編は七月かな?
[ 編集 ]
○2011/06/16○
> まあ、なんと言うか「笑ゥせぇるすまん」みたいな展開が多いよな。自業自得で破滅していく所が


特に第一章はそんな雰囲気が強いかも。墓穴を掘るというか、自己に完結しているというか。
もちろん「自業自得」っていう概念は、ある意味では実に教訓性に溢れたものであることは疑い様がないんですが、結局のところ話の広がりや、余韻の奥深さとは無縁で、重たい雰囲気につりあわない題材のようにも思えますなぁ。


> 後の巻になれば少しずつ主人公メインにシフトしていくよ。完全なメインは最終巻だけだったような気がするが。


筆者としてならば、主人公たちの馴れ初めや、過去というのは重要な伏線や題材として温存しておきたい気持ちはよぉーくわかるんですが、読み手として見れば、よくわからない主人公よりは共感性や、言葉に思い出の「乗った」重みが欲しくなる感覚は否めませんね。
東方SSを呼んでいただければわかるよう、私は主人公の内面描写や心情描写が大好物だったりします。しかしなぜかその比重は男ではなく女性に移行しがちなのははたしていかがなものかと。


> >>17日の夜に更新させていただく旨をご報告申し上げます。
> となると後編は七月かな?

区切りさえつけば、きっかり一月などと言わず今月中にでもチマチマ出していけたらいいなぁと思ってます。
なんで下手を打つと次は15日おきに「中編」「後編」となってしまうかもしれません。

ただ今回の「前編」が予定ではそこまで長文にするつもりはなかったにも関わらず、意に反して今までの中で一番の長文になってしまったことを思うと、三度裏切りを働く可能性が否めないのが申し訳ないところです。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。