espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

たまの息抜きに【イラスト】

前回の記事が拙い「書き」物だとすれば。今回は拙い「描き」物という具合になるのでしょう。



どうも、自身の才能を無さを自覚しつつもガリガリとシャープペンシルを動かすのが好きなespliaです。


さて。

この記事は、中身はともあれようやく小説のノルマを終えた開放感から、ひさしぶりに絵(というよりはイラスト)を描いたので、涙が出るほど辛辣な酷評を微量加えて、今月分の記事不足解消に貢献してもらおうというコーナーです。


前記事同様、趣味全開、拙さ全開のキャラクター絵を見たくないという人は急いでブラウザバックしてください。


ブログで定期的に絵を公開なされているような諸々の描き手様方とは違い、当方ブログでのイラストは、あくまで日記の位置付けとなりますのであしからず。


あと、大爆笑するのは構いませんが、保存してばら撒いたりするようなことだけは勘弁願います。



続きは↓をクリックしてください。





さて一枚目は、見せるためのものではなく練習として描いた味気の無いものですね。


rennshuu01.jpg
<所要時間15分>


だいたいは見たとおり、左があまり描かない短髪のクセッ毛、そして眼鏡のバランスを取るための練習(花屋敷の住人たちに影響されたのは確定的にあきらか)で、右が真横から顔と体を描くためのものです。


とはいえ、


左はバランスを取るため、といいながら線の多さでブレを必死に隠している無様さ、股関節を当りをブルマと称して黒く塗ることでフォルムを誤魔化している点が挙げられ。


右は頭蓋骨の形に沿った髪の形を上手く表現できておらず、胸から腹部までの曲線が不自然なフォルム、微妙に肩が上がっていること、下を向きながらニヤついているようにしか見えない可愛げの無い表情など、拙さが全開であることは羞恥のことでありますし。


双方ともに、手足をキチンと描かないという最低限すら守れていない始末です。






次は一見では大半の人が認識できないであろう、ファンにぼこぼこにされること請け合いな「聖白蓮」。



rennshuu02.jpg
<所要時間15分>


手は描いたものの、体に比べてサイズがややおかしく、腕の伸び方も妙、足を描いていない、斜線での色塗りを途中で放棄している、そして何より、位置取りが悪さのせいで、頭が半ばで切れてしまっている


言うまでもなく失笑ものの一品ですね。


白蓮の代名詞たる、フワフワのロングヘアーも肩口から妙な位置に吹き飛んでいます


高笑いする白蓮さまというのも新鮮かな、と思いきやあんまり楽しく無そうなのも不満点で、妙に胸にあたりばかりに線が集中しているのはこうして評価していても悲しくなってきますね。


や、まぁ。ふくよかな胸を描くのはやっぱり楽しいのですけれど・・・・・・。






そして最後は、SSの挿絵を自分だけで楽しむ予定で書いた、やはり一見ではわからない「水橋パルスィ」となります。



rennshuu03.jpg


うろ覚えで描くから髪の毛の構造をあまり把握しておらず長さがマチマチ


やっぱり胸ばっかり描いてること。

やっぱり線の多さで体のラインを誤魔化していること。

やっぱり手足を書いていないこと。


などがやはり未熟なポイントですね。

上半身のバランスはそれなりに取れていますが、服飾関係のセンスの無さが露見してしまっていることなんかは、この評価を書いていて実感してしまいます。





総評というものでもありませんが、上三つの絵のほとんどが同じ構図で描かれていることが一見してわかり、商業の場で活躍する様々な絵師さんと大きく異なり、「発想の豊かさ」「描きたい構図への飽くなき執念」というものが見られないことがはっきりわかりますね


以上、とりあえず記事にするためにと撮ったイラストと酷評の記事を終わります。




読了お疲れ様でした。






やっぱり絵を描くのはストレスの解消という観点でのみにすべき、ということが甚だ納得する結論となりました。
スポンサーサイト
*
○2011/05/01○
まあ、挿絵つけてもいいんじゃないか

私の絵心は並以下だが描くのは楽しいし気分転換にはなるよな
[ 編集 ]
○2011/05/02○
> まあ、挿絵つけてもいいんじゃないか

今回の記事でわかるように、堂々と一般公開して良いレベルじゃないことは明白だからねぇ。
現時点で焦って載せても、多分に恥じをかくだけに終わりそうなんで、納得がいくまでチャレンジしてみて、結果いい物が出来たら載せることにします。

小説の次点で恥じ曝しなのは自覚しているけど、恥じの上塗りは更に避けたいところ。


> 描くのは楽しいし気分転換にはなるよな

まさにその通り。こう、無心で胸を描いたり、腰を描いたりしてると、すんごいストレス解消になるよね。
その分何も考えてないから構図が似通ってきて見返すと面白くないのだけれど。
人型の指一本ですら描くのが大変なのに、その上服飾のセンスまで跳びぬけている人は、既に私の中では偉人レベルなのですな。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。