espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

戦う司書と恋する爆弾、雑感

tatakausisho-koisurubakudan-01.jpg





いや、戦う。
シロンが見たのは、きっと逃げる俺じゃない。





スーパーダッシュ文庫さん刊行、山形石雄著『戦う司書と恋する爆弾』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

「ハミュッツ=メセタを殺せ」
ある組織から洗脳受け、胸に爆弾を埋め込まれた少年「コリオ=トニス」は、仲間と共に、生涯達成すべき目標を求め、一個人の歴史そのものを記すとされる「本」の採掘を資本とする鉱山都市に辿り付く。

押し売りの男から強引に「本」を押し付けられたコリオは、その所有者たる「猫色の姫様」に惚れこみ、徐々に恋慕の念を強めていってしまう。


読み終えた感想は「大賞作品と呼ぶに相応しいアイディアに満ちた作品だった」といった所でしょうか。


一個人の人生そのものを「本」と呼称し、本を読むという行為が視覚的だけではなく共感(共鳴)に似た現象に置き換えることでファンタジー色を出し、その上で自立する剣や、超長距離狙撃用の「投石器」などの武器を登場させ、きな臭さを感じさせながらも、それなりに理にかなった戦法を用いての戦闘描写を描く。


一つの物語にこれほどまでに詰め込むのか、と思えるほどに詰め込まれたこれらの要素は、それ単体では斬新とは呼びがたいものの、確固たる結末のために用意された道筋としての出来栄えは見事なものでありました


中でも、「本」を用いてコリオとシロンの狭間に隔たる、過去と未来という壁をうまく突破し、相思相愛の論理にうまく繋げていった構想には、はからずも戦慄を覚えるほどの緻密さが印象深いものでした。


何より、各メディアへの派生が強く念頭におかれるライトノベルという土台からすれば、必然、オチが弱くなってしまう印象が強くなってしまいますが、今作において、それを大胆に破壊し、そうしながらも決して後味を悪くしない配慮が行き届いた終焉を描いた、という意義は今後の作品に大きな影響を与えたのではないでしょうか。



全体的に主人公である「コリオ」の内面描写が少なく、また視点移動も頻繁に行われていたため、読者との共感性という点でこそやや不満を禁じ得ませんでしたが、今作の過激な結末には、むしろあっさりとした人物描写が引き立っているとも取れるかもしれません。


とはいえ淡白に突き詰められた純愛は、やはり惚れた腫れたの恋の描写としては読み手の思考に頼る部分が多く、どこか味気ない印象を拭いきれないようにも思われます。


また全体的に悲壮感を出す演出としての「死」の描写が多くみられることや、洗脳されたが故、凡人とは一線を画すコリオの思考回路には辟易する場面も多くあり、文中に漂う「もどかしさ」「ままならなさ」までもを許容し、楽しめる人でないと読んでいて不快感を覚えることもそれなりにあるのが、欠点といえば欠点だと言えるでしょう。




それに伴い、女性の描写においても作風に漂うファンタジックな一面が生りを潜めてしまい、全体的にどこか垢抜けた――、言い換えれば実に「サバサバ」とした人物像が主要となっていて(例えば「売春婦」であったり)それを一言に「特色」といえば、実にらしい淡白さだと言えるでしょうが、所謂「キャラ萌え」なるものを本作に求めてしまうと痛い目を見ることは間違いないでしょう


労働や貧困に喘ぐ世界観にそった、極めて退廃的な路線で描かれる人物像
そして、そこに漂うファンタジックな装飾具、用語、世界観が交じり合う異質な雰囲気で、不可思議にかみ合わない作風をどう捉えるかによって評価が変わってくる作品のだと考えられます。




唯一、個人的に気に入らなかった場面は、本を託されたコリオが、結局第三者の思惑の外に出ておらず、その行動が予定調和として片付けられてしまっている点で。奇跡や偶然を極力控える作風を最後まで貫きとおす筆者の徹底ぶりにこそ頭は下がりますが、そこは皮肉をこめた上、あえての「奇跡」と持ってくることで、もう少しだけ救われる物語したほうが私の好みではありました


もちろん、先述した事象は次巻以降への伏線だとも十分思われるため、この点に関して強く否定はいたしませんが、淡白さも極まれば冷淡に変わってしまうことへの危惧、とでも見なしていただければ幸いです。



結末が非常に印象的な作品な作品でしたね。やや受け幅は狭いように思われますが、一応オススメの作品です。



気になった方は是非一度読んで見てください。




読了お疲れ様でした。




※今回から数回分のみ試験的に【総評】を消させていただきます。
スポンサーサイト
*
○2011/04/01○
俺にだって、読んでない本ぐらいある……

最近完結した作品だったかな?発売された月に買わないと手が出しづらくなってシリーズになるともっと手が出せなくなるという悪循環ってあるよね

総評がどうしたんだ?
[ 編集 ]
○2011/04/01○
戦う司書はアニメではまったね。

原作は読んだことないけど。
[ 編集 ]
○2011/04/02○
>発売された月に買わないと手が出しづらくなってシリーズになるともっと手が出せなくなるという悪循環ってあるよね

あるある。あと、アニメで放映されてから人気が上がっちゃった作品はどうしても読む気になれないんだよねぇ。世間一般じゃ常識のような「ゼロの使い魔」、「バカとテストと召喚獣」なんかもそういう理由で手が出し辛い。

> 総評がどうしたんだ?

なんていうかなぁ、総評は文字通り総評で、結局上に長く書いてあることを短く要約してるだけだったから、今更必要性に疑問を感じ始めちゃってね。キチンと上から読んでくれている人だと、内容を繰り返すことになるから、だったら削って、総合的な文章量を少なくしたほうがいいかな、という思惑で削除してみましたん。

[ 編集 ]
○2011/04/02○
> 戦う司書はアニメではまったね。

アニメ! こんな風に感想を書いておきながら、実はまったく知りませんでした。簡潔ではありますが、内容は結構複雑な印象があったので、それをアニメの尺でどう表現しているのかには興味が湧きますね。
アニメ好きの友人が録画していると思うので、見ておきたいと思います。ハミュッツの投石器の演出を映像で見られるかと思うとワクワクしますねぇ。


ただうまくアニメの尺で収まっていたとしても、やはり原作の雰囲気というものは小説という文字媒体で生きるような気がしますので、ここは一つ、購入を検討されてはいかがでしょうか?

飛びぬけて読み辛い印象もありませんし。


[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。