espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

SHI-NO ―シノ―アリスの子守唄、雑感

shino-01.jpg



良い夢を、なんて願いもしないが、それでも安らかに眠る権利は誰にだってあるだろう。
彼女等の未来に光を。

『惨殺アリス』には永遠の子守唄を。




富士見ミステリー文庫さん刊行、『SHI-NO ―シノ―アリスの子守唄』についての雑感を今回は綴っていきます。


Espliaのあらすじ

「支倉志乃」(はせくらしの)の通う学校で語り継がれる怪談『惨殺アリス』。
アリスは無くした赤い靴の代わりに、白い靴を血に浸そうと襲い掛かってくるという。

志乃にとっての兄・・・・・・のような存在の「僕」、そして「鴻池キララ」は、そんな『惨殺アリス』に追いかけられる悪夢を、延々二ヶ月見続ける少女から相談を受けることになったのだが・・・。


読み終わった感想は「前回と違ってミステリーの体裁を保っているが、やはりまだ面白みに欠ける」、といったところでしょうか。



最初に誉めるべくは、前回で散々酷評していた、ミステリー作品のもっとも面白い部分である「事件概要」「現場検証」「探偵の推理の進退」の要素が全くないことについて、今作では予想以上に修正を加えたことで、ミステリーとしての体裁は出来上がったように感じられました


前作ではお世辞にも密室とは呼べなかったカラオケボックスとは違い、今回の体育倉庫での現場検証は読んでいて、それとなく考察をする楽しみがありました。この点は素直に評価すべきポイントでしょう。


ただ肝心の推理の進退についての記述が、志乃という天才少女の役割柄、あまり語られない点。また特殊な性格のため、疑問を発したり、喜んだりといった感情表現も薄く、いきなり核心に迫ってしまうためハラハラ感とは無縁なのが残念といえば残念でしょうか。


状況を聞いただけで真相に辿り付いてしまう頭脳、というのは確かに凄まじい才覚だとは思いますが、エンターテイメントとしては、探偵役にはもう少してこずって欲しいところでもあります。


とはいえ、前作のミステリーとは到底呼べない作品であったことに比べれば途方も無いレベルで進化を遂げているので、瑣末事といえば瑣末事かもしれませんね。



しかしその一方で消化不良を催す事物がいくらか見られました。
特に、本編の主軸である『惨殺アリス』事件の最中に、本筋とは何の関係も無い殺人事件を挟む意義はあったのでしょうか。


それはある意味では、『惨殺アリス』事件の推理に疲れた読者を思っての箸休め、とも取れますが、個人的には、どう見ても推理の邪魔でしかなかった上、物語そのものも一概に出来が良いとは言えず、多少なり辟易とした心持になってしまいました。


被害者が実は類稀なる天才だった、という話のオチの部分、その突拍子の無さ。
犯人の起こした事件が、少女複数名に対する暴行殺人という荒々しいものであったにも関わらず、警察が犯人像すらつかめていないという不自然な土台。

など、内容に関しても不明瞭な点が多く見られ、結局のところ、オチである「バカだと思われていた少女が実は天才だった」という意外性を表現するためだけのこじ付けと認識されてもおかしくはないでしょう


特に、乱雑に単語が綴られたノートを持ち出して、「これはプロファイリングだ」、というのは突拍子が無さ過ぎます。おまけに、天才であった彼女がサスペンスドラマで犯人を当てられなかったのは、「彼女より脚本家の知能が下だったから」というのはどうなのでしょうか。


伏線とはまったく関係の無い犯人を用意するなど、ロジックエラーを出している作品ならばまだしも、プロットどおり一本理論の通った物語作りにおいて、そこで知能が高かろうが低かろうが、論理的に犯人を探すこととは何の関係もないのですから


結末のアイディアは面白いと思いますが、「それだけ」といったところでしょうか。



また、本筋の『惨殺アリス』事件における、赤い靴に関連した真相が、登場人物達と全く関係の無い第三者の思惑が絡んでいたり、精神病をやや誇張して描いていたり(惨殺アリスにあそこまで関わりを持たせる必要について)、「ミスリード」といえば聞こえは良いですが、どこか大味な印象に思えました。


あとがきでも書かれているように、事件の犯人と共犯者についての推理は比較的容易で、かつそれなりの説得力があることは事実です。


しかし『惨殺アリス』という「字面の見栄えだけは良さそうな要素」を無理やりねじ込んだ意義が全体的に乏しく、またその煽りを受けてどこか腑に落ちない印象が強くなってしまったように感じられてなりませんでした。



余談ではありますが、前の巻から妙に「性的暴行」を事件のあらましに混ぜたがっている筆者の意思が垣間見えますが、こうも繰り返し使用されるとさすがに無粋に思えますし、何か妙な性癖を見せ付けられているようで若干の気持ち悪さを感じてしまいました。



【総評】


前作の、ミステリーとはとても呼べない作品の体裁を整え、犯人を推理する要素を主軸に据えた「らしさ」の見える構成に立ち返ったことは純粋に評価すべきだと思われます


やや謎解きとしての難易度には欠けますが、その分シンプルで見通しがよく、論理的な矛盾も少なかったように思えました。


探偵役として、感情にブレのない「志乃」の性格が若干あだになってしまっている部分があることを否定できませんが、キャラクター同士の掛け合いは基本的に和やかであり、作品の雰囲気も決して暗くはありませんでした。



しかし、本筋である『惨殺アリス』事件の最中に、説明不足感が否めない全く関係の無い殺人事件を無理やりねじ込んだり、単純明快な物語を語感の見栄えだけは良さそうな「惨殺アリス」という要素を入れたが故に腑に落ちない点が増やしてしまったり、筆色に特色を出そうとして失敗している要素が数多見られました


話の根幹が理路整然としていただけに、欲をかいて「特色」を出そうとした結果、妙にしこりの残る読後感になってしまったことが残念でなりませんでした


いろいろと述べましたが。

前作に比べれば、評価を上方修正せざるを得ない出来栄えの作品に仕上がっていることは決して間違いではありませんので、気になった方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか。






読了お疲れ様でした。


東方SSにかまけて更新が大幅に遅れてしまいました、申し訳ありません。
スポンサーサイト
*
○2011/03/06○
>>東方SSにかまけて更新が大幅に遅れてしまいました、申し訳ありません。

……完結の見込みはあるん?
[ 編集 ]
○2011/03/07○
完結かぁ・・・・・・。
長編モノだからなんとも言えませんな。とりあえず最低一月に一回は載せるんで、それだけは守ります!

全部書き終えたら二部構成(上・下)で、東方SSの専門サイトに投稿するから面倒ならそっちでまとめて見てもらっても大丈夫。

とりあえず年内には完成させる予定。(気の長い話過ぎるが)
ま、漫画の連載ぐらいに思って待ってもらえればうれしいかな。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。