espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

そらのおとしもの、雑感

sorano01.jpg

内容的に、このブログが削除されないか凄まじく心配ですが、今回は水無月すう筆、『そらのおとしもの』についての雑感を綴っていきます。




当初、「戦闘用のアンドロイドと同棲~」、なんていうアニメから仕入れたにわかな知識を土台にしていたせいで、『そらのおとしもの』という作品は、ラブコメ+アクションものという方向性を漠然と抱いていました。


sorano03.jpg


しかし今回、原作を多少齧った時点で、その「印象」、「方向性」、「度合い」がそれぞれ多少違うことに気付かされました。


たしかにシリアスなシーンも、ラブコメも、戦闘シーンもそれなりに目を引く魅力はあります


しかし。


今作の魅力としてあえて一要素、槍玉としてあげるならば、それは間違いなく、主人公「智樹」が及ぼすエロ災害(語弊ありすぎる予感がひしひし)がその筆頭だと断言できるでしょう


顔がイケメンなのは勿論のこと、性格までも「正常」(突っ込み担当だったり)なのが最近の二次元メディア主人公の傾向だ、と信じて疑わなかった私の神話が崩壊するほどに、とにかくこの智樹という男の酷さは凄まじいです

sorano06.jpg

一巻、二巻程度でさえ、主人公としては破格の酷さと思われる展開(下着が空に飛んでいくアレです)を、話が進むごとに更にディープにしていく想像力はもはや脱帽もの

更衣室、プール更衣室あたりまでは、まぁ百歩譲って良しとしても、まさかトイレにまで踏み込む漫画があろうとは・・・。エロや下品を通り越して、いっそこれは飽くなき表現性への追求とさえ言えるかもしれません。(言いません)

正直、ここまで「阿呆な展開」を生み出せるものかと、想像力の「桁の差」を見せつけられた気分にさせられました

sorano02.jpg


一応、私の貧弱な知識を総動員して、似たような作品に『暴走処女』という作品のシリーズが挙げられます。が、『暴走処女』が言わば定型(テンプレート)の形での場面運びをウリとした、狭い範囲での「発想力」を面白さにしているとすれば、今作は無から有を毎回作り出す「想像力」をウリにしていることになり、難度としては、常に新しいものを生み出さなければならない後者に軍配が上がるのではないでしょうか。

雑誌という概念を捨てれば、王道ファンタジーものとして戯画さんの『デュエルセイバー』の主人公「大河」も、智樹と同程度の変態度といえるかもしれませんが、実戦経験の違い(やめろぉ!)や行動の理念を見ると、どれだけ智樹というキャラが異端であるかは言うまでもありませんね


つまり、何が言いたいかというと、


こんな主人公にした筆者の勇気に乾杯!


ということです。




難点を挙げるとすれば、上で散々説明したように、主人公が物語の本筋以外で「ああ」なので、シリアスシーンや、本来ならば感動できるシーンがやや素直に喜び辛いとこがあるのが偽らざる本音です


特に、「ニンフ」、「日和」関係のシリアスシーンやその後の見せ場では、妙に智樹の登場が唐突で、どうしてそうなったのか「過程」に納得がいかない部分が多々あったり、真剣な顔がギャグやっているときとあまり変わらなかったり、今ひとつ感情移入しにくい場面が多い印象を受けました。

sorano05.jpg


他の連載作品とは違い、何週にも渡ってシリアスを描く気が無いのか、妙に綺麗な締めにする割りに駆け足気味という展開の甘さも気になります。日和編はその顕著な例といえるでしょう

終始一貫、確かに日和編の終わり方はハッピーエンド。
それでも、「そこ」に至るまでの伏線やシナリオの重みが読んでいて非常に希薄で、「実は忘れてなかったんだ」、といわれても、疑問や軽い驚きが混じるせいで、どこか薄っぺらな感覚を否めなかった人も多かったのではないでしょうか。

表現についていちいち口にするのは徒労の極みですが。せめて智樹が記憶を消さないためになんらかの努力をしていたり、部長や会長、そはらへの訴えかけをするシーンを彷彿とさせる伏線があったりすれば、なお感動できたように思いました。



シナプスの勢力を一方的に敵とすることで、主人公側は皆々善人。結託して「悪い奴」をこらしめる、というような大義名分を与えることで、安着な対立図にしてしまっているのも残念です。(今後もずっとそのまま、ということはないでしょうが)



唯一、部長が関わる論理的な異世界(夢やシナプスそのもの)への検分、見識への言及は見ていて実に納得が出来る分読んでいて面白いと感じる部分が多かったのが救いといえば救いでしょうか。やっぱり理論や、言葉遊びがあると、結果への重みが違いますね。

特に初めてシナプス側の日和を見たときの部長の「仮説」には手に汗を握りました。

sorano04.jpg


【総評】


今作の見所は、無尽蔵に湧き出る「酷い」ギャグ。このバリエーションを楽しむことこそが唯一無二の魅力といって問題ないでしょう。


その文字通り「想像の上を行く」出来栄えは、下品やお色気といった要素が極端に嫌いな人ならば卒倒すること請け合いです。絶対に手を出さないようにしてください


ちなみに、その下品ささえ極端に気にならなければ(もっと言えば積極的に楽しむ自信があるならば)無条件に慕ってくれる愛らしいキャラに囲まれてのラブコメが好きな人単純なお色気モノが好きな人SF風味の感動的なストーリーが好きな人も、それぞれの要素において十分に楽しめる幅の広い作品ですので、買って損はないと思います


幅が広いだけに部分部分での動向の「浅さ」が気になるところなのは、上で綴った通りですが、それはイコール「話が面白くない」という結論になる、ということは決してありません


むしろ軽く読めるコミックとして、及第点以上の出来栄えだと言えるでしょう。
久々に声に出して笑った漫画ということもあって、私的になかなか印象深い作品になりました



sorano07.jpg




読了お疲れ様でした。(更新が遅くなってしまって申し訳ありません)
スポンサーサイト
*
○2010/12/30○
水無月すうさんですかあ…。
SEVEN OCEANの頃のはまあまあ好きだったんですけど(打ち切りされちゃったけど。)、最近のは脈絡も無く下ネタを入れるからなあ…。下ネタ自体は、嫌いじゃないんだけど。
あと、同作者の『へ~ん○しん!! 1 ~そなたバーディ・ラッシュ~』も雑感してくれると、比較対象になりそうなので希望しています!!
[ 編集 ]
○2010/12/30○
コメントありがとうございます。
雑感のリクエストを貰えるなんて久しぶりなんでうれしいです。『へ~ん○しん!! 1 ~そなたバーディ・ラッシュ~』、今度書店で見かけたら是非購入させていただきます。

>最近のは脈絡も無く下ネタを入れるからなあ…。

シモネタも使いどころによりけりですね。
ネタそのものは面白くても、場面場面に即した使い道を模索していかないと、ここぞ、という場面の雰囲気を壊しかねませんからね。(さんざんブログでシモネタ書いている私が言うのもなんですが・・・)
[ 編集 ]
○2012/06/22○
あの・・・お言葉ですが、「シナプス」は悪役じゃないと思いますよ・・・
「表面上」悪役の空のマスターがいるからと言って、
シナプスも悪者扱いするのは違うと思います。

「あの」水無月さんですよ・・・?
新装版にもなった「私の救世主」や「JUDAS」読みました?

アニメは三期も決まったし、そらおとサイコー!!!
水無月さんもサイコー!!!
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。