espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

荒川アンダーザブリッジ、雑感【1巻~11巻統合】

arakawa-01.jpg

女性作家中村光著、異色のギャグコミック『荒川アンダーザブリッジ』についての雑感を今回は書いていきます。

Espliaのあらすじ

ヒトに「借り」を作ることを生涯の恥として生きる、主人公「市ノ宮行(いちのみやこう)」は荒川で死にかけているところを自称「金星人」の「ニノ(2-3)」という不思議な少女に助けられてしまう。
命の恩人。そんな最大級の借りを作ってしまった行はなんとしてでも借りを返そうとニノに「何かして欲しいことはないか」、と尋ねるのだが・・・。

返ってきた答えは、

「恋をさせてくれないか」

という突拍子も無いものだった。


あらすじがいつも以上に長くなった理由にもつながりますが、この『荒川アンダーザブリッジ』には、行とニノの恋人という関係が大前提になった構成が多く、11巻を経た今のでもその趣旨の変わらない独特の安定感があります。

話の内容自体は、荒川に住む個性的な面々とのギャグを中心とした日常の掛け合いが主で、筆者曰く「80%のギャグ漫画」と謳っているように、終始住民達のふざけ合いが主だったものになります

arakawa-05.jpg


加えて、「恋をさせて欲しい」というニノと行の契約や、サブキャラの「星」、「シスター」、「P子」など、一部恋愛事情を兼ね備えた人物もそれなりに登場するので、部分部分に甘ったるい展開があったりするのも今作の魅力といえるでしょう。


個人的には、ギャグの範疇に含まれがちな行の父子関係のどこか空回った愛情が哀愁を感じさせる語り口で表現されているところがお気に入りで、ギャグ漫画というよりは、「ヒューマンストーリー」という位置付けもあながち間違ってはいないのかもしれません。


作画に関しては、若干1巻と11巻では様相がことなりますが、基本的に男女キャラクターは一貫して安定性があると思います。崩れが気になるヒトには朗報でしょう。

arakawa-06.jpg


ただ、登場する女子連中は、総じて見た目どおり「可愛らしい」の一言に留まるような没個性ではなく、毒舌魔神だったり巨大化(!?)したりの幾分フリーダム

ギャップが凄まじいキャラがかなりいるので、「常識人」を求めるヒトには万が一にもオススメしません。

arakawa-09.jpg



先述した日常を中心としたコメディーと一言で言ってしまいましたが、中身はいわゆる『よつばと!』や『ひだまりスケッチ』のような部類ではなく、古式ゆかしくまさしく「ぶっ飛んだ」ギャグが多い作品なので、最低限、整合性や論理性が欲しいヒトは留意すべきでしょう。

まぁほとんどのヒトが2,3巻と読み進めればある程度は慣れるレベルのものではあると思います。


しかし一方で、そのぶっとんだギャグが行き過ぎている感を覚えることが多いのも実情です。
特に、8、9巻あたりに登場する、通称「亀有化」などの豹変ギャグは、唯一読者観点から現実的なツッコミをしていた行がギャグ側に加わってしまい、話の起伏にメリハリが無く、面白味がなくなってしまっているように思いました

加え、作者当人がこの「亀有化」を面白いと思っているのか、後半に行くに連れて似たような展開が続くのにも若干辟易します。
11巻での金星編も似たような作画が続いたので、私はほとんど読み飛ばしました。

正直面白くないです

巻数が進むに連れてギャグのクオリティが落ちてきていると言い換えても問題ないでしょう。


また、「シロ」を筆頭としたウザったい性格のキャラをオチにしている話は良くも悪くも意外性がなく、純粋に嫌悪感を覚えることもしばしば

ほかにも、シリアスな展開で進んでいった話のオチに強引なネタを入れ、「この結末までに読んできてモノはなんだったんだ」という思いを抱かせる話が多少目に余ったように思いました。

長く読んできた一読者として、ここが本当に残念でなりませんでした。


せめて金星だけはきっちりシリアスで描き切って欲しかったですね。


arakawa-04.jpg

【総評】

一目で上手いとわかる丁寧な作画と、センスあるギャグが本作のウリであることは間違いないでしょう。
ニノ、シスター、マリア、p子など、個性的な登場人物の掛け合いは一読の価値があります。

ただ上述したように、巻数を経るにつれて「定例」のギャグというものが出始め、面白くも無い展開を無理やり引っ張ったり、「絵だけ」で笑わせようとしている浅はかなギャグ要素があったり、挙句本作の本筋であろう「金星編」をつまらないギャグでぶち壊したりとお世辞にも作品としての完成度が低いものがザラにあります。

笑いの「ツボ」は人それぞれ。
そう言われてしまえばそれまでですが、どうにも手放しで喜べない残念な作品になってきているというのが、私的な見解であると言わざるを得ません。

出足が好調だっただけに、残念感も一入、といったところでしょうか。


無論、11巻内、8巻程度は高いクォリティに終始しているので、買って損はないと思います



読了お疲れ様でした。


arakawa-03.jpg


ミミズになりたいです!!
スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。