espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

”文学少女”と死にたがりの道化、雑感


bunngakushoujyo-sinitagari-01.jpg








『ええ、あなたは、人間失格よ』







ファミ通文庫刊行、野村美月著『”文学少女”と死にたがりの道化』についての雑感を今回は綴っていきます。

espliaのあらすじ

天野遠子(あまの とうこ)。文芸部部長、兼“文学少女”。
彼女は本のページを引きちぎって食べる悪癖を持つ変わった人物である。いちばんの好物は、肉筆で書かれた物語。

井上心葉(いのうえ このは)は、そんな彼女に振り回され、肉筆での三段話、通称「おやつ」を書かされる毎日を送っていたのだが。ある日、文芸部に持ち込まれた恋愛相談をきっかけに大々的な事件へとかかわっていくことになる。




読み終わった感想は「2段階に練られたプロットが映え、また人物描写も線引きがしっかりされている丁寧な作品」といったところでしょうか。



巻末にもあるように、本作は通販サイトなどで括られる「ビター&ミステリアス・学園コメディ」(これはamazon)という単語とは、雰囲気が少し違います


もちろん一部コメディ風なやり取りはありますし、事件に関わってから、その雰囲気がまったくなくなったりするわけではありませんが。相対的に見れば、「ほのぼのとした雰囲気」はあくまで上張りで、その裏にある覗いてはいけない真実の存在をちらつかせるような陰鬱な一面こそが本質であるように感じられました。


本編のシナリオも、日常の「陽」と内面の「陰」をめぐっての駆け引きが中心となりますが。さまざまな伏線を用意しつつも、それを回収して”犯人”を断定するだけのただの推理モノとして完結させないあたりが、さすが著名な作品というだけあって驚嘆させられます。


大きな事件に向いた意識が、一気に別の”真相”へ引き込まれる感覚はなかなか新鮮でした。


ミステリー風味のコメディ、というよくわからないカテゴリはともかく、尋常ではない内面描写を絡めた、一般的ミステリーと一線画すものであることは認識しておくべきでしょうか。



キャラクターに関しては、さすが曲がりなりにも「コメディ」と銘を打たれるだけあって、本編の中心となります。


本をむしゃむしゃ食べる”文学少女”しかり、女性作家(?)で元ひきこもりの「心葉」しかり。一癖ありながらも、部室で交わされるやり取りは和みます。

自分のことを「チャーミング」と称して殴りたくならないのは遠子先輩の人徳。(か?)


ただメインキャラの二人にしても、表側のひょうきんな一面がすべてではなく、その裏側にはいろいろと懊悩を抱えていて、本編ではわずか一行足らずの文章ながらも、その本質ずっしりと心を重くすることもしばしば。

「陰」あってこその三次元的な厚み、とはさんざ綴ってまいりましたが、ここまで効果的に一文で厚みを体感させるというのは凄まじいです。


本編の主題にはあまり関わらないものの、「姫倉(ひめくら)」や「吹寄(ふきよせ)」のようにシリーズのなかで徐々に頭角を現していく面々も存在し、特に後者は主人公「心葉」にどう関わっていくかが、下世話ながらも気になります。



ミステリーとして完成されているわけではありませんし、コメディーとして見るにはやや暗澹。

本作はそんな感じの作風ではありますが、エンターテイメントとしては最上部類に入る作品ではないでしょうか。だいたいどの小説も、少なかれ「気になる点」というものがありますが、今回は無理やり捻出して一個、という感じで、非常に完成されています

いつもは言及しませんが、イラストと文章のシンクロ率も高い


今回の”犯人”のように、一般人にはとうてい共感できない理屈で展開を押してしまう構想への批判はあるかもしれませんが、それを理解させるための「手紙」であることを思えば説明不足ともいえませんし、終盤に至る道程に抱く感想は個々人バラバラになるのかもしれませんね。



余談ですが、”文学少女”が推すタイトルは無性に読みたくなります。






気になった方は、上記に留意しつつ購入を検討していただければ幸いです。













読了お疲れ様でした。
スポンサーサイト
*

東方神霊廟 ~ Ten Desires.、感想




パソコンの新調に伴い、ようやく難易度「NOMAL」をクリアできたので、短い感想を書いていこうと思います。




全体的な印象としては、前作(thの1番台)『東方星蓮船』よりも幾分弾幕の密度が下がりました。


sinreibyou03.jpg


避けのシビアさや全体的な難易度そのものはさほど低下していませんが、いわゆる「目くらまし」や「飾り玉」が少なくなったことによって若干画面が見やすくなったことは確かです。


多量のアイテムが暗幕代わりになっていた前作の苦境もやや緩和され、本編とは関係のない部分で理不尽に死んでしまうことは少なくなったように感じました。


sinreibyou02.jpg


上の画像は6ボスの「豊聡耳 神子(とよさとみみのみこ)」。

ここまで到達するのに計3ミスほどしましたが、ご覧とおり残機は3(戦中に4まで上昇)。

おそらくミスなし、紫の神霊をすべて集めてようやく8機残せるか否かなので、stage4で残機をカンストできる『東方星蓮船』と違って、1ミスが致命傷になりかねません。


また残機を増やす「紫色の神霊」。スペルカード(ボム)を増やす「緑色の神霊」。

双方性質が、雑多な神霊と同じなので、近づかないと回収できません。放っておくと5秒くらいで消えます。

たとえ相手がボスであっても、上方に弾幕が残っていても、欲しければ例外はありません。


おかげで『東方地霊殿』からのアイテム回収とは比較にならないくらい事故死が誘発されることに……。


sinreibyou04.jpg


ただ、そのあたりの事情を鑑みたのか、本作には「霊界トランス」という要素があり、ゲージさえたまっていれば約10秒ほど無敵になれます。

上の画像の左下に、骸骨と人魂が3つが描かれていますが、それがゲージです。


しかしこれも、簡単に無敵になれる! というものでもなく、使いたい要所要所を覚えて温存しておくことはもとより、1ミスするたびに「ゲージが0になる」リスクがあります。


弾幕ゲー特有の「パターン化」が崩れる最大の原因とも言える要因にもなりかねないので、便利機能と括るのも一考。一癖も二癖もある救済要素という点が東方らしさと称するべきでしょうか。



本当の意味での救済要素といえるのは、ステージ最初からのやり直しではない「リトライ」。そして「スペルプラクティス」でしょうか。


sinreibyou06.jpg


ただスペルカード以外の弾幕の練習や、ボムを打つタイミングなどは計れませんので、あくまで避けきる練習ができるだけ、という点には注意が必要でしょう。


sinreibyou05.jpg




【以下、個人的な戯言】

キャラクターに関してはあまり思い入れがない、というか「キャラ設定」が感動の要素とは程遠いことを加味すると星蓮船より妄想を垂れ流すのは無理そうです。


物語の根底は、「道教VS仏教」ということで、自機になるかとおもっていた「聖 白蓮」はあらゆる意味で今回の事件の真意を知りすぎていたからこその不参戦でした。

そのくせ、「響子」「小傘」「鵺」と命蓮寺一派はかなりの出演数を誇っているあたり、関係は根深いのでしょうか。


お墓なら人が驚いてくれる! とわくわくしながら待ってたらゾンビに場所をとられた小傘は本気でかわいそう。
白蓮への恩返しに内緒で用心棒雇った鵺あたりにもニヤニヤ。

やっぱり星蓮船のキャラクターがいいですねー。



NOMALクリアにかかったのは約7時間。20分くらいの暇を見つけてはちょくちょくやっていたので、日に換算すると2週間くらいはかかったかもしれません。1ミスの致命さは類を見ない厳しさです。






気になった方は、上記に留意し、独自の調査を含め、購入を検討していただければ幸いです。












読了お疲れ様でした。 *

漫画感想『XXXHOLiC』

HOLic00.jpg




今回紹介する作品は、週刊ヤングマガジン掲載、CLAMP著『XXXHOLiC』です。



【簡単なあらすじ】

対価さえ払えばどんな願いも叶う。
そんな”ミセ”の主人「壱原侑子(いちはら ゆうこ)」の元には様々な悩みを抱えた客が訪れる。

アヤカシが見える男子高校生、四月一日君尋(わたぬき きみひろ)は、そんな体質を改善するため「侑子」との偶然の出会いを機にアルバイトとして”ミセ”で働くことになるのだが……。




【Good point】


「侑子」と「四月一日」をめぐる問題を問題はさておき、基本形式は不可思議を扱うミセの運営状況や、依頼への対処が大半となります。

そのため読みきりゆえの軽妙さや面白さがありますし、「こっくりさん」や「猿の手」といった有名なオカルト話はもとより、「四月一日」の私生活あれこれ、果てはネット依存症への対応など、一個の作品ながら持ちネタ、話のバリエーションが豊富なので飽きがきません。


HOLic03.jpg



「夏目友人帳」と比べて(同じく妖怪が見える少年が主人公ということで)純粋に感動できる話というのはあまりありませんが、すべてが「イイ話」で終わることなく、時には死を迎えてしまう理不尽さをきっちり描写しているので、展開に生温さを感じることは少なく、むしろ不可思議に関わる良し悪しが絵柄や作風も含めて良い味を出していると言えるでしょう。


短編とはいっても、「侑子」「四月一日」といった中核の人物は変わらず登場するので、主人公がコロコロと変わるオムニバスとは違って安定感もありますし、メイン二人については巻数をまたいで壮大な伏線が用意されており、結果長編として評価しても面白いという稀有な属性。なかなか万能です。


清濁合わせての媚びない描写はウリですが、ことさらグロさを推されるわけではないですし、各章何かしらギャグが入っているのも予定調和なので和みますね。


蛇足かもしれませんが、夏に盥に足を入れてみたり、バレンタインにチョコケーキ食べたり、季節のイベントを目いっぱい堪能する展開が多くて真似したくなるのも本作の魅力のひとつだと思います。

侑子さんの日替わり衣装も一見の価値あり。



HOLic05.jpg



【Bad point】


今作最大の問題点は、同著者の『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』(ツバサクロニクル)という作品を読んでいる。あるいは知識を持っていないと理解できないシーンが数多くあり、ほかならぬ私自身、戸惑うことがありました。


登場キャラクターがキャラクターですし、同著者なので、販促の意味合いもあるのかもしれませんが、『XXXHOLiC』から入った人にはやはり優しくありません


せめて末尾での販促にとどめるか、やったとしても本編の中核に食い込まないパロディとしての扱いが妥当ではないでしょうか。


上に類しますが、『ちょびっツ』や『魔法騎士レイアース』の小物を使ったネタも多いので、こちらもパロディ嫌いの人は要注意です。



また今作は、後半になるにつれて、恋愛要素というものがぷっつりと途切れます。

人情ときたら愛情も欠かせない! そんなあなたには不向きかもしれませんね。「侑子」はヒロインではなく、メインキャラクターということにしておきましょう。



HOLic01.jpg



【個人的な戯言】


今回は感想が短くなりました。
かなり昔に読み終えた作品なので、重大なイベントを抜かして感想を書いてしまったかもしれませんのでご注意。


この作品は紛れも泣く「好きな作品」ではあるのですが、完結の仕方に難あり、ですかね。
途中でタイトルが変わったので続編が出るのかもと期待するもいまだ……。

この一件もあってツバサクロニクルに手を出してみようと思いましたが、いまだ果たせず仕舞いorz


HOLic02.jpg





気になった方は、上記に留意しつつ、独自の調査を追加して購入を視野にいれてくだされば幸いです。














読了お疲れ様でした。 *
twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。