espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

かくてアダムの死を禁ず、雑感








故に、教誨師は有罪を宣告す。






富士見ミステリー文庫さん刊行、海冬レイジ著『かくてアダムの死を禁ず』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

桃原グループの御曹司である「桃原誓護(とうはらせいご)」は憎むべき叔父との決別のため、両親が心中した修道院へ妹の「いのり」を連れて訪れていた。
しかし肝心の叔父は現れないばかりか、突如<教誨師>を名乗る少女「アコニット」によって、かつて起こった殺人事件の犯人を探す、手先として動くことになる。

全ては守るべき秘密のため。


読み終わった感想は「ストーリーが総じてよく練られている一方、推理ものとしてはセオリーに外れすぎた印象を受ける作品」といったところでしょうか。



作品の傾向としては、以前記事に書かせていただいた『騎條エリと緋色の迷宮』同様、ミステリーという名目を持ちながらも、超常現象を引き起こす人物が深く関わることで、一見にしてみれば本格的とは言い辛いものとなっております。


『騎條エリと緋色の迷宮』がその中でも犯人の『行動理由』、『行動範囲』、『事件傾向』などから犯人を洗い出し、地に足の着いた論理によって事件を紐解くという、言ってみれば読者にもある程度は推理可能な等身大の要素に重点が置かれていたことに対し。

今作は超常現象により建物に残った過去の残滓を手繰ることによって『検証』を行い、現場を教誨師の力により現場を封鎖することで『クローズドサークル』の体裁を整え、犯人を見つけなければ凶悪なペナルティの発生する『デッドリミット型』のリスクも同様それに因り、ミステリーというある種限定的な物語の地盤をファンタジー要素で強引につくり上げるという荒業が功を奏し、ファンタジーとミステリーを戦い会わせずうまく両立させている印象がありました。


しかしそれはあくまで舞台設定という本筋にはさして影響のない、縁の下の話に終始していればという仮定で、<教誨師>という独自の社会体系まで持つ上位知性体が今回の事件の深層に関わり、挙句隠ぺい工作を超常現象で行ってしまうなど過剰に過ぎる関与が判明してしまってからは、その「やりすぎ感」にどうにも煮え切らないものを否定できません。




ストーリーに関しては、建物に刻まれた記憶の残滓を巡る能力が主軸にあるため、登場人物(主に主人公兄妹)の内情や過去が十全に描かれ、事件を解決する以外にも重視されるべきヒューマンドラマとしての感動の因子が申し分なく配置され。

また綺麗な人間ばかりとはいえないまでも、懊悩の末今回の舞台に上がったキャラクター達は誰しも達成すべき思惑がはっきりとしており、水面下での葛藤や出来事が、今回の事件に遠からず繋がっていく精巧さには驚かされました


過去から現在までの出来事を掲載順とは別に「episode××」という表記で区別し、一通り読み終えた後、時系列に沿って読み直す手助けになるギミックが用意されていることを含め、筆者の物語への情熱と自信が伺えます


それだけに<教誨師>という存在が物語に挟まり、土台以上に作品を侵食することで事件の“犯人”までを含め、「手のひらで転がされていたんだ」という展開は、犯人が犯人になりきれていないような解決後の後味の悪さを強調してしまっているようにも感じられます。



何より残念なのは、事件のあらましに深く超常現象が関わってしまったことで精緻に作り上げた物語の風味が損なわれている一方、それが無ければそもそも他のストーリーの旨みまでも消えてしまう「変えようのないもの」である、ということでしょうか。


ヒューマンドラマとして面白いならそれで良いのか、ミステリーとしてつまらないから駄目なのか、このあたりの評価は完全に読み手の好みに左右されると思われます。



キャラクターに関しては、人間ドラマが濃厚なため<教誨師>という存在そのものが不可思議な一部を省いて掘り下げが深いため、印象に残らない人物がおらず

とりわけ読み手との共感性を重要視される主人公「誓護」は、物語においても重点が置かれていることもあって心情描写が濃く、どれほど事態が混迷を極めようとも1つに定めた目的が定められまっていることもあって、読者を必要以上に置き去りにしない等身大の視野とその安定感に好感がもてます。


人物紹介ではナルシストという負のレッテルを貼られておりますが、一貫して道化としての演出以外で登場することはなく、嫌悪感を抱くような場面も特にありませんでした。
御曹司で、天才で、融通が利くという「出来る人間の極み」を特性に持つ人物ということもあって、その臭みを消すための中和剤のような側面もあるのかもしれませんね。



ただやはり今作では捨てきれない<教誨師>については、どこから来たのか、どんな心情なのかが謎として残りつづけ、断片的に過去のようなものが語られるも今巻では仔細がなく。キャラクターとして見ればツンケンしながらも徐々に優しくなっていくヒロイン(?)「アコニット」も、含みのある言動が邪魔して愛着が持ちにくかったというのが偽らざる実情であります。



物語の構成上<教誨師>という要素が捨てきれないというならば、あえて情報は全面に開示し、超能力の類は事件に扱わないという一線が守られれば、より一層面白い作品になったかもしれません。





気になった方は上述の注意点に留意しつつ、購入を検討していただければ幸いです。












読了お疲れ様でした。

スポンサーサイト
*

やってきたよ、ドルイドさん!雑感








ペットではない。仲間だ!






MF文庫さん刊行、志瑞祐著『やってきたよ、ドルイドさん』についての雑感を今回は綴っていきます。

Espliaのあらすじ

ある日学園にやってきた金髪の転校生、「ホリン・シャレイリア」は、数多の獣を率いて森と生きる「ドルイド(自然の守り手)」であった。
もちろん樹液をなめて生活していた彼女に常識なんてものはなく、クラス委員の「白川夏穂(しらかわかほ)」らを巻き込んだ大騒動が頻発することに。


読み終わった感想は「ストーリーそのものの面白さはないが、万人受けしそうなオーソドックスなギャグ作品」といったところでしょうか。



まず初めに。
ギャグ路線がメインの小説では、私自身の趣味にのみ因る、客観性を欠いた感想しか書く事ができませんので、目に見えておかしい点、過剰に行き過ぎた表現など、目立った粗がない以上は、今後一貫して文章量少なめの「簡易感想」となります。(普段の50%程度)



以下より本文



本作は真面目なストーリー上の随所に細かく笑いを散りばめていくものとは違い、ストーリーそのものの重要性は著しく低く、「笑いをとるための土壌」以上でも以下でもないというような印象を受けます。

ゆえ、総括には書かかせていただいたよう、ストーリーそのものの伏線や謎、ヒューマンドラマによる感動的な因子というのはほとんどなく。その場その場のノリで会話や行動が起されていく展開が大半ということになるため、肌に合わない人にはとことんふざけているように見えないかもしれません。


ネットスラングや他のメディアのパロディも少なからず流入しており、それらの嫌悪感を抱く人も留意が必要でしょう。


シナリオの根幹が、長年森で暮らしてきた「シャレイリア」が巻き起こす破天荒な振る舞いに対し、一般常識を持った学園の生徒がそれに突っ込む、という過程で成立するオーソドックスな笑いの形態である一方。

美少女大好き女「夏穂」が中~後半に行くに従って本来の役割である読者との共通認識を投げ打ってボケに走ってしまうという状況が多々発生し、本来締めるべきところで締まらないメリハリの無さが露骨に浮いてしまっている印象が拭えません。



軽妙な会話の応酬ではなく、全般に奇怪な行動(「法香」との喧嘩など)をもってくる動的な要素が強いこともあって、過激な描写動き回るキャラクターの説明、加えて登場人物全員がボケるという展開にまでなってしまうと、「醒めるな」というほうが難しい注文であります。

やや飽食気味



キャラクター全般に関しては、上述の通り、ほぼ全員がその場のノリで生きているような奇怪な行動を起すため、一見して一本芯が通っているような硬派なキャラがおらず
またライトノベルでは珍しく同年代の男性キャラクターがほとんど登場しないこともあって、選り好みを激化させる要因となっているように感じられます。


メインヒロイン(?)たる「シャレイリア」が、「男は顔」と豪語していることを含め、言動全般の裏をどう捉えるかで作品全体の評価が覆るかもしれません。


個人的にはあまり目立たないサブキャラクター「法香」、「知子」らの方が薄味な分好感を抱き易いように感じることが多く、やはりギャグメインとはいえ常識人の存在が欠かせない要素であることを再認識させられました。




ただ文章そのものの読みにくさはなく、過剰にパロディに走っているわけでもないので、人それぞれ好みの違う「笑い」という要素を扱っているに「しては」万人向けな作品である、と評しても間違いではななさそうです。






気になった方は上記の点に留意しつつ購入を検討していただければ幸いです。











読了お疲れ様でした。

*

東方SS 『東方守命魂』 第二章 「喪失の同胞たち」中編(後編その1)

この度は久々に第二章「中編」を掲載することができました。


今作はサボリにサボった挙句、二月ぶりに執筆を再開したものとなり、「期限までに記事にする」を目標にしたため、内容そのものは少なめです。(400×400で40枚程度)


また「中編」とは言いながらも二部構成を視野に入れてプロットを作ったため区切りの悪さ、動きの無さが目立ちますので、次回はこの中編を加えた上で改めて「二部構成の後編」を用意させていただきます。



ではいつものご注意


前記事同様、「東方project」について全く知識の無い方、出来の悪い小説に嫌悪感を覚える方。及び、単純に長文を読みたくない方も、続きはクリックされない方がよろしいかと存じます。


そこまで注意を受けて、なお読もうとするツワモノの貴方は、「続きを読む」をクリックして続きを出してください。


ちなみに以前の内容を忘れてしまったかたはこちら (私の筆の遅さが全ての原因でございますが)


『東方守命魂』プロローグ


東方SS 『東方守命魂』 第一章 「一滴の水」前編


東方SS 『東方守命魂』 第一章 「一滴の水」後編


東方SS 『東方守命魂』 第二章 「喪失の同胞たち」前編(改訂版)



からどうぞ。


※無断での転載、及びコピー&ペーストは私が恥ずかしいのでご自重ください。






*

死神ナッツと絶交デイズ、雑感








ホローさん、目に見えないものは、存在するか?






MF文庫さん刊行、早矢塚かつや著『死神ナッツと絶交デイズ』についての雑感を今回は綴っていきます。

Esplaのあらすじ

毎夜学校に忍び込んでは自称死神の少女「ウォルナッツ」と歓談を楽しむ主人公「小石川幌右(こいしかわほろう)」は、ある日未来視を持つ少女「嘉島詩夏(かしましいな)」、彼女の親友「星澄夜空(ほしずみよぞら)」と出会うことで究極の選択を強いられることに。

1つ、詩夏を選んで、夜空を見殺す世界。
1つ、夜空を選んで、詩夏を見殺す世界。


読み終わった感想は「圧倒的な情報不足を元に構成された、良くも悪くも雰囲気重視の作品」といったところでしょうか。



上述の総括にあるよう、本作を語る為に必要不可欠な題材は、世界観や次々起こる不可思議な現象についての説明が著しく不足している点にあり、具体例としては、


1、死神を名乗る「ナッツ」の存在理由、そして数多の指針を「幌右」に与えるメリットと目的。

2、「詩夏」、「夜空」のどちらかを選ばなければ消えてしまうという、非常に極小な観測者しか持たない世界の構造。


が最大の要因として列挙されるものと考えられます。


前者に関しては、

「世界から弾かれた死神」と名乗りながらも、人の生死を観測するだけでなく、未来や平行世界についての情報、曰く「未来を選択する力」を贈与する能力まで持ち、言外に高位の知性体であるよう説明されながら、終始「幌右」へ肩入れをする理由や出会いのきっかけが語られないことにより、一読しただけでは「便利な世界観の説明役」としか認識できず。


後者に関しては、

可能性の分岐を放棄しかけた「夜空」に呼応し、世界が消滅しかける描写やその他状況から、「幌右」「詩夏」「夜空」の三者による観測だけが世界を構築していると考えられものの、詩夏の未来視以外には特段特別な力をキャラクターは存在せず、なぜそんな大仰な使命を課せられたのか、という問いに「運」としか説明できないのはさすがに如何なものかと思われます。

説明らしい説明といえば、

「幌右は事故が起こった日の世界の不確定要素」
「不確定要素は箱に空いた穴のようなもの」
「夜空はこの世界の観測限界点」

など(要約)の記述があるものの、煙に巻いた言い回しは非常に迂遠かつ意味不明で、筆者の考える「こそあど」や主張がうまく筆者に伝えられていないようにも感じられました。

こちらも穿った見かたをしてしまえば「二人の内どちらかを選ばなければ大変なことが起きる」という簡易な説明を、過剰な装飾で膨らませたようにしか見えません。


総じてスケールの大きさはあるもののそれは張子のまま、固められるべき物語の地盤が疎かになってしまっているようにも思えます。



キャラクターに関しては、上述の世界観に比例してか、ヒロインの1人である「詩夏」を除くほぼ全員(とりわけ主人公の幌右)に過去や心情への掘り下げが少なく、「夜空」に到っては行動全般が意固地な子供そのもので、早急な行動が要求される危機的状態にありながらマイペースかつ唯我独尊を臭わせる態度には、好ましい以前に、非常に辟易とさせられます。

またヒロイン両名が主人公に行為を抱く過程も、字面として見れば筋が通っているというだけで厚みに欠き、自分を好ましく思ってくれる相手の内1人を切り捨てなければならない、という重要な場面に全く共感できないというのは、本作の主軸そのものへの致命傷と言えるでしょう。



序~中盤にかけて「二者択一」をあそこまでゴリ押して悲壮さをアピールしておきながら、終盤であっけなく前提を突き崩す結末は度し難く。オチそのものが恐らく誰もが序盤で考えるであろう安着なものであることも含め、読了後の驚き、感銘、揃って薄く、結果具体的な感想が「説明不足のよくわからないもの」というだけに留まる悲惨なものとなってしまっているように感じました。



終盤で報われる結末であるのならば、中盤の「どちらかを切り捨てなければならない」という悲壮さを一層強調する必要があり。そのための人物描写さえしっかりとしていれば雰囲気重視の作風であってももう少し万人向けの作品が出来上がったのかもしれませんね。




気になった方は上記に必ず留意し、購入を考えていただければ幸いです。














読了お疲れ様でした。

*

Janeスキン作成録

前回の予告通り、最近過多めな日記記事として、今回はJane(正規名はJane Style)を自分好みの背景や配色に変えるスキン作成について小話をしたいと思います。


ちなみにJane Styleとは

オープンソースで開発されている某有名掲示板として名高い「2ちゃんねる(以下2ch)」を閲覧するための専門のブラウザ、といったところでしょうか。


馴染みのない人には全く馴染みがなく。頻繁に2chを利用しない限りは滅多に起動することのないものではありますが、利用する人はもちろん、ROM専門(書き込まず見ているだけ)の人にもそれなりの恩恵を齎す便利な代物です。


具体例を挙げれば、


●通常のブラウザでは広告ページが挟まれてしまう画像を直接確認できる。

●画像のアドレスからhttp:の「h」を抜いたh抜きリンクが補填される。

●「>>」(レス=返信の意)の番号から書かれた内容をすぐに確認できる。

●自分の書き込み、自分へのレスを区別。また誰が何回書き込んだか分り易い。

●NGIDを設定することで、不愉快な人物の書き込みをシャットアウトできる。

●AA(アスキーアート)の保存、選択、使用までの作業を大幅に簡略できる。


あたりが実感してわかりやすい便利な点だと思われます。



わからない人には小難しい話ばかりで申し訳ありません。




さて、気を取り直して。

今回の話題の主賓「Janeスキン」というのは、便利なブラウザを自分専用に着せ替え(模様替え)する「皮」ということになります。(デスクトップ画面の壁紙を張り替えるのと似たりよったりのものだとという認識でも大丈夫です)


ちなみに何も導入していない通常のJane Styleの画面は、



このようになり(画像と字が小さくてすいません・・・・・・)。


スキンを導入すると、

kijiyou-ruka-01mini.jpg


このようなになります。最初の自作スキンで作ったものなので見苦しいのは仕様です。



どうでしょうか。二つの画像からだいたいの趣旨と雰囲気は伝わったと思います。



では次に作成手法を・・・・・・、

と繋げたいのはヤマヤマですが、何せ導入からして間口の狭い話ですから、作り方の質問や疑問は、要望があるならまだしも(可能性は間違いなく0に近い)現実点では無用の長物というほかありません。


記事ジャンルが「日記」ということで、あくまで私がJaneスキンというものに時間を費やしたんだなぁ、ということが伝わってくれれば重畳です。

右も左もわからない状態からでも他のサイトさんを参照していただれば1~2時間も掛からずにオリジナルのものを作ることができますので、Jane Styleを使いながら、カスタマイズも楽しみたい、という方は是非ためしてみてください。



それでは、自作スキンのキャプチャー画像を垂れ流しつつ、今回はこれで。


読了お疲れ様でした。


【mami】
kijiyou-mamisan-01mini.jpg



【homura】
kijiyou-homhom-02mini.jpg



【madoka】
kijiyou-madoka-01mini.jpg



追記

児戯にも満たない自己満足用のため、配布はアプローチがあった場合のみさせていただきます。

また、スキンのサイズは1024×768のみでの運用を基本としており、それ以外のサイズにはウィンドウを任意に縮小しないと表示がかみ合わなくなります。

あらかじめ留意しておいてください。



*
twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。