espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

単発、ドラマ「MOTHER」第一話 感想




連続ドラマ「MOTHER」一話、感想

私は二次元というメディアの媒体を好いている理由として、三次元ドラマの役者の棒読み、演技臭さで極端にテンションが落ちてしまうという悪癖があります。それゆえ、あまり実写ドラマや映画などの感想は書かない、もしくは描いても邦画ではなく洋画に比重を置く傾向になってしまっていました。

今回、長くテレビドラマから離れていた私がMOTHERを見たのもただテレビのドラマ録画予約が入ってしまった、それだけのことです。


筆者の前置きなんかどうでもいいので、そろそろ感想いきましょう。


このドラマは所謂『子供もの』、と自分で名付けて嫌悪していたジャンルのものでした。例えば「白い春」(うろ覚え、阿部寛が出ているもの)、「女王の教室」、「アットホームダッド」(阿部さんは好きなんです・・・)なんかがそのジャンルとして上げられます。
何が嫌かっていうと、子役の演技(女王の教室の志田未来さんなんかが個人的にその最筆頭)が鼻につくことが第一点。次に展開がどうしてもその子供との心温まる話になったり、子役は十中八九純粋無垢で天真爛漫という固定観念があるからです。

今回のMOTHERも実はその例に違わず、子供は純粋無垢なようだし、子供中心の心温まる話を柱にした物語の展開であることは疑いようが無かったわけですが、それでも一話まるまる見てしまったのは、登場する役者、母親役の松雪さん、子役の芹田さん(年で呼び方はあまり変えたくないのでさん付けでいきます)の演技がよかったからです。
加えて物語、一話のみですが、その複線の張り方が素晴らしかった。
物語の最初の海難事故のシーンがまさかあのシーンに繋がるとは・・・。
正直、安直な予想しか立てずに温く観覧していた私には非常に驚きでありましたし、このドラマがただヒューマンドラマとして売り込むだけではなく、話の構成でも魅せようとしている野心に溢れた意欲作であることがビンビン伝わってきました。

あなたを誘拐する。

このセリフはドラマのCMでも使われていた一言でMOTHERの全てを体現しているといえるでしょう。

私がやったことのあるゲームにFF12(ファイナルファンタジー12)というものがありまして、その中でヒロインが「私を盗んでください」という言葉があります。これはとあるキャラに対して、人間的な感情を抜きに利害のみを持ってこの場から連れ去ってほしいというニュアンスがこめられています。
今回のこのセリフとの違いはまず、盗むではなく、「誘拐」するという点。
虐待を受け、当然子供としての扱いを受けることのなかったレナ(漢字がうろ覚え)をナオが人として誘拐する。そして誘拐は当然犯罪であり、それは偽りの母子を演じることであり、世間から逸脱することを指すのでしょう。たった一つのセリフでここまで深い意味を出せるものだと関心します。

また作中に、ゴミ袋に詰められたレナをナオが助けて家に連れ帰ってきた後、ベッドで目覚めたレナにナオがどこか行きたい場所がないか、と口早に尋ねるシーンがあります。
このシーンの肝は恐らく、赤ちゃんポストに行きたい、というレナの不憫さに涙を流すシーンなのでしょう。しかし私としては、目覚めたレナに対してなぜナオがこんな唐突な質問をしたか、ということを考えさせるために用意したのではないかと踏んでいます。
とある人の感想に、ナオのあのセリフはいかにも不自然で意味不明、というものがありましたが、むしろナオの中で眠っていた母性とレナへの不憫さや一刻も早く幸せにしなければならないという義務感が理性的な彼女を作中で初めて崩壊させたことを暗示していて、むしろ私としてはその意味不明さに衝撃を受けました。


そんなMOTHER唯一の汚点といえば、ドラマの一話には長ったらしいサブタイトルでしょうか。
このドラマを全部見た人にとってはごちゃごちゃうるせぇ! って感想を抱くように思います。誘拐する。その一言を重要性を語ったことから理解していただきたいのですが、あえて一から説明しないことで感じられる感慨というものを馬鹿にしているように私には思われました。

ドラマは12話(11話)構成。12時間弱という膨大なものになり、好きだったドラマが最終回直前で豹変するという苦い気持ちを何度も味わったことがあります。このMOTHERがその轍を踏まないよう、丁寧に作りこんでほしい、そう切に願います。

御読了ありがとうございました。

ps,どう頑張っても出発地点が犯罪である以上、納得のいくハッピーエンドが見れそうにないのは残念ですね。今回の画像はMOTHERにちなんで・・・w

PS2:ちょっと文章が硬すぎるので、はっちゃけると、いきなり誘拐はねぇだろう、と。でもそれが母性の生んだ狂気なんでしょうねぇ。ドラマのコンセプトに「男は素直に女すげぇって思ってくれ」てなことが書いてあったので、レナとナオの心情を男、しかも経験不足のもやしが推測しようなどというのはおこがましいと暗に馬鹿にされた模様w
ただ「捨てられんじゃない、捨てるんだ」というセリフを考えると、脱毛症に気付き、図書室で新聞まで閲覧する頭脳を持つレナとどう見ても優秀なナオがいろいろ考えた末の行動なんだろうなぁ、と。
例えば、ナオにしてみれば、どう頑張っても施設に入れられるしひかないレナが捨てられたっていう感想を得るのが許せないから誘拐するしかなかったし、レナにしても虐待の事実を周りが受け止めても、両親との縁は十中八九切れないことがわかったから、嘘をつき続ける決意をした、ってことなんでしょうかね。
なんにせよ、いろいろ卑怯ながらも面白いドラマだってことですねん。

スポンサーサイト
*

ダブルスポイラー



嵌った嵌った、といいつつ一度も記事の主軸に据えたことが無かったので、今回は上海アリス幻樂団最新作の「ダブルスポイラー東方文花帖」についてちょこちょこ感想でも書いていこうかな、と。

この作品、所謂物語ものと呼ばれる、紅魔郷、妖々夢、永夜抄、花映塚、風神録、地霊殿、星蓮船の合間に作られた(具体的には花映塚と風神録の間)東方文花帖というシナリオのほとんどない短編ものというべき作品の続編にあたります。(説明しておきながら実にわかりにくいw)

上に書いたようにシナリオはほとんど存在せず、ただ過去の作品に登場した妖怪(もしくは人間)の弾幕を規定枚数撮影することでクリアを積み重ね、次の難易度へ、ということを繰り返します。

ZUNさん曰く、小さな暇を見つけて遊べる気軽なゲーム、とのコンセプトそのままの単純なものですが、その難易度は高く、伝説のトラウマ弾幕「金閣寺の一枚天井」などはニコニコ動画で目にすることができます。一プレイは確かに気軽なものですが、その中に眠る7枚の撮影ノルマはまさに地獄と言っても問題ないでしょう。


さて、今回のダブルスポイラーですが。文花帖同様、その難易度の高さは目を見張るものがあります。

それでも長く続けてしまうのは、無理だと思った弾幕でも回数を重ねればクリアを糸口を見つけることができる、この一点につきます。どMじゃないですよ。

東方って何? という初心者も、そもそもSTGに造詣のない人も、この文花帖シリーズならばその面白さを体験しやすいと言えましょう。よければこの際、新しい世界に飛び込むと思って購入してみてはいかがでしょうか?



ちなみに現在私(EXシューター)は上の画像でわかるように、73/108シーンしかクリア出来ていません。
更に言うと、前作の文花帖も、80シーンぐらいしかクリア出来ませんでした・・・orz。


PS:上の画像は、ダブルスポイラーのシーンEX-2を初回でクリアした、ええ・・・自慢画像ですw 
  カンダタロープに80回も掛かった奴が何を言っているのか・・・(´・ω・`)

  カメラシャイローズかわいいなぁ・・・。

*

気分一新

0489.jpg




大学卒業おめでとう! 俺!

引っ越しました。 おめでとう、俺!

ブログの更新を暇つぶしで再開しました。 ひっこめ、俺!

ガソリンスタンドの窓拭きがなくなり、ファミレスのドリンクが混ぜ合わせられるようになり、相変わらずぼっちの生活で会話までセルフサービスになった、出来損ない社会人ことESPLIAです。

ついに就職活動に見捨てられ、アルバイトを転々とするニートとフリーターの合間を縫い、昼夜問わず活動を続けることで有名ではありません。(何がいいたいのか私もわかりませんねぇ)

このブログの記事を読み返しているとまさに、創作活動と小説、ゲーム、ニュース、とインドア趣味爆発さと代わり映えの無さを想起しますが、それなりの進化を遂げてここに登場したことをお伝えしようかなと。


まず大きいのは引越しですね。4LDKの戸建てで駅まで徒歩8分というなかなかの良物件で家族一同満足に過ごしています。

今までマンション暮らし(もしくは戸建て一階のみ)の私にとって何より新鮮なのは家中の階段の存在、これに尽きます。

いえ、朝ね? ギシギシと唸るんですよ。 私のアキレス腱。
千切れるの? ねぇ?

運動不足解消のために庭(荒れ放題)の整地を始めた昨今です。(これは別の時にでも)
四季折々、ヲタク的嗅覚により厳選された(桜草、ヘリオトロープ、待宵草など)草花、イモやシソなどの簡単な作物を植えていく予定なので、立派に繁茂したあかつきには記事にするかもしてないですね。

進化というよりは変化じゃねーか、というツッコミ。実に鋭い。その通り。(え)

次。

ESPLIAの名前を知っている人ならば検索で見たこともあるかもしれませんが、実は東方SSの投稿(タイトルは「我が顔は殺し人の」、「海に咲く花」)をさせていただいております。とはいえ、新居に引っ越した折、ネットの開設やワイヤレス環境の捻出(部屋に電話線がなかった)に時間が掛かってしまい、海に咲く花の前編を最後に更新が滞っている状態です。

正直モチベーションという観点からみれば十分に意気軒昂と言えるのですが、プロットを書いたノートを引越しの際になくしてしまい、自分で生めた複線の回収作業に追われる不毛な時間を過ごしております。

保留、とはいえ一応完成まできちんと投稿するつもりはあるので、出来れば気長にお待ちいただければと。

設定中毒、長編シリアスの人を選ぶ作品ではありますが楽しんで書き続けていきたいと思います。東方、特に星蓮船をプレイしてEXステージまで出した方にはぜひとも呼んでいただきたいと思っております。

一応WIKIに名前も載っている(恐れ多く、同時に感動しました)ので興味があれば検索、よければ感想までいただければ幸いです。

うむ、いい宣伝になった。(えー?)

これです。



近況報告としては。

創作関係:東方関係のSSの創作を二本開始。投稿を小説の創作を開始しました。趣味での絵(もちろん萌え絵もどきの落書き)も続けてます。東方系SSは時間があればニコニコに動画として投稿するかもしてませんねぇw

趣味関係:東方のWIN版全シリーズEXをクリア(文花帖、ダボスポは内一ステージのみ)して、紅魔郷からHARDで続けています。エロゲに関しては、もしも明日が晴れならば、SWANSONG、レコンキスタ、そして明日の世界よりをプレイしつつ、素晴らしき日々、ホワイトアルバム2、恋色空模様という活きのいい作品も一応今月中にプレイし切るつもりです。
例によって例のごとく、レビューを一、二載せるかもしれません。

就職活動? 就職活動ねぇ・・・? 

書籍関係:ブログの更新が滞っていた頃からうみねこのなく頃に影響されて、ハードカバーやライトノベル以外のミステリー文庫を買い始め、最近では綾辻氏の館シリーズ(迷路館殺人についてはレビューを書くかもしれません)や東野さんの『白夜行』、『容疑者Xの献身』なんかが安かったので買ってきました。(容疑者Xの献身については映画か書籍のレビューを書くかもしれません)。他には『十三階段』、『深紅』、『どんなに上手に隠れても』、『ハサミ男』なども買いました。
当然、ジャケ買いのライトノベルも多く、乃木坂、三十三間堂、とある魔術の続巻ものの他に、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』シリーズなど買い始めました。13番目のアリスを書いていた人とは思えない別口のアプローチで大味(ついでに乃木坂シリーズに似ている・・・か?)ながらも熱く、実に読みやすいです。
漫画はもうワンピースくらいしか買ってません。

ホライゾンの新作まだですかねぇ・・・。


とりあえず今後は創作小説。庭弄り。小説、映画、エロゲのレビューや、ピックアップしたニュースなんかについて描いていく(つまりいつもどおり)ですのであしからず。


PS:ダブルスポイラーで一層磨きの掛かったシャイっぷりを発揮したさとりさん。最近のお気に入りです。ほっぺたうにょーん。



*
twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。