espliaのちょっとだけ時代遅れ。

生むは雑感、生きるは過去、ちょっと遅れた感想中心ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

18-15=4でなければならないのだ【うみねこのなく頃にEP3感想】



祝!EP3到着、そしてクリア~♪

と、いうわけでイスプがうみねこのEP3をクリアして思ったことをちょっと下にまとめてみました。とはいえ、基本的に低脳なので思ったことをざっくばらんに紹介していますので順番がめちゃめちゃですのであしからず。EP3を勧めながら並行して思いつくままに書き、そのまま掲載していますので言葉や文字が間違っているかもしれませんが気にしないでください。

ネタバレですので未プレイの方は注意してください。













































まずルールに関して。
ひぐらしではどのEPでも黒幕は鷹野だった。だからこそ、数多のセカイで情報収集を重ねた結果勝利できた。
だが、うみねこでは、ベルン(つまりはリカ)の魔法では絶対に勝てないという。ならば、ループしても意味の無い世界、犯人と被害者と殺害方法が全てランダムに選ばれるということになる。これじゃあ、いつ何を起きるのかを知って、事前に阻止することは不可能。
が、ラムダでは、そのランダム制を無視して「犯人を見つける」ことへの一点集中が出来るから強いと思われる。ベルンに比べて非常に攻撃的。もちろん犯行を止めるために自らの手を汚すことも厭わないだろう。

個人的に思うルールX、Y、Z。
X=既に事件が起きることが確定している。
Y=犯人や被害者がランダムである。
Z=誰もが“あの”金蔵なら、と言って第二の晩まで危機感が持てない。つまりは穢土。

まさにベルンでは勝てないルールだと思う。加えて、惨劇後全ての遺産が縁寿に行く、というのも当てはまる気がする。これだと犯人が霧絵の可能性が高まるかも。

勝利条件について。
魔女の利子回収ゲームは、碑文の謎を解けば解決、という行がEP1.2にあったがEP3では「魔女の名と力の継承」に変換されている。加えて黄金郷を見つけた絵羽が殺戮に走る。つまりEP3では解決した舞台で起きた「第二の殺人事件」であり、彼女が殺人を始めなければうみねこのなく頃に全員生き残れたハズ、なのか?故に、リザルトでは生き残れたのは“たった”一人だけ、との表記があったのか。

赤文字について。
今回のEPで、赤文字が魔女の嘘、“真っ赤な嘘”だと断じている人が多い。が、イスプはあえてこの赤文字を“絶対に齟齬されないロジック”だと認識した。
理由は単純。
EP3での秀吉と絵羽のシーンが虚飾だったことで、プレイヤーに見せられた何者かの視点が“完全な真実”ではないことが明らかにされた以上(ワルギリアがブラウン管の小人説で説明した魔法バトルのように)赤文字まで疑うことは描写全てに虚飾が織り交ぜられていることを意味してしまうからである。
竜騎士07氏があくまで推理してみろ、というのならば足場を全て崩すような真似はしないだろう。またあそこまで大局で使役されることで重用性を煽っておきながら、「あれは全て嘘だった」となれば筆者の才覚を疑われることは間違いない。
加えて、EP2、3においても赤文字が使用されたからといって「人間犯人説」が維持できないわけではないという事。大半の人は、赤文字に隙がない=魔女の仕業?という観点から赤文字が嘘ではないかという見解に至っている人が多いが、事実として赤文字はそれほど完璧な防御陣ではない。

例えばEP3最後。
エヴァトリーチェが言う以上15人は死んでいる。戦人、絵羽は殺人を犯しておらず、朱子香にも殺人は不可能だったという(本文意訳)場面。
18人-15人は3人であり、そしてその内3人に殺人が不可能だった。故に赤文字は鉄壁という考えになる。

というのは魔女に対抗するには少々温いですね。
簡単に言えば「南條を抜かした14人が南條より前に死んだ」と赤文字がされているわけではない。
例えば南條が14人の内誰か、・・・留弗夫(あくまで例え)に殺されたとする。
留弗夫は南條を殺した後に自殺するとしよう。
すると「十五人は死んでいる、南條は他殺、残りの三人は殺人を犯していない」という赤文字の壁は打破できるはず。
赤文字は確かにいろいろと疑わしいまでの壁の厚さですが、抜けないこともない。その難易度で赤文字を否定するのはどうか。

EP1,2及び3に共通することについて。

1、どうにも第一の晩だけは、魔女がやったように見せかけるのは馬鹿馬鹿しいまでの穴開きっぷりであること。園芸倉庫も礼拝堂も6つの密室連鎖も十分に人で説明が付けられるものばかりだった。
2、第二の晩から難易度が上がること。(これはEP3にはいえないがそもそもEP3は魔女のゲーム盤かどうかも疑わしい)
3、やはり、儀式には煉獄七姉妹を用いなければならないこと。
4、第一の晩はランダムに犠牲者を選んでいる。
5、金蔵が親族会議に出ない。

とくに重要なのが5で、既に金蔵が死んでいる可能性があることである。部屋から臭う独特の匂いも死臭を隠すためなのかもしれないという点。EP1で夏妃が金蔵に激励されるシーンがあるが正直「この親父がこんなこと言うのか・・・?」と感じが満載。EP2でウィンチェスターを借りに行った楼座が「大変怯えてらした」と証言したのもありえない。
絵羽と秀吉の看病シーンが偽装であった以上、さも会ったかのような描写が正しいとはいえない。
もしも金蔵が死んでいるならば、この島には「19人以上存在しない」という赤文字に対抗できるし、異端者が一人増えたところで問題は無い。
もちろん、これは死体を一人に数えない、という前提に基づく。
焼死体か行方不明。このどちらかしか金蔵に無い以上、この線は濃厚だと思われる。

EP3の感想
全体の感想としては、なるほど互角の難易度だと思いました。
前半はトンデモバトルの応酬で、ちょっと嫌気が刺しましたがバリスタ砲台のかっこよさは異常ww。
よくも悪くも飴とムチをよく使い分けていると思いましたね。

飴の部分としては、
ワルギリアの「魔法の痕跡」と「ブラウン管の小人」、そして「シュレディンガーの猫箱」で、読者の解釈に大きな革命を起こしたとも取れる事象。

ムチとしては、
秀吉と絵羽の所謂「いい話」があっけなくフィクションだったことや、黄金の謎を解いたにも関わらず死んだローザ、エヴァトリーチェの「南條他殺論理」。
推理者からすれば素直に喜べない難解な部分もそれなりに多かった。

イスプとしては、特に第一の晩の殺人が手ごわいと感じました。
手法としては綺麗で解けやすいですが、これが一番の問題で、どうがんばっても死んだ6人の内、誰かが5人を殺し、事故死しなければならないという条件が設けられている。
このどう考えても不自然な動きがどのような動機と状況で成ったのか、まさに怪奇の一言だと言えますね。個人的には最後の赤字ラッシュよりも構造的には難しいと感じました。

とはいえ、作中でも書かれているようにこの殺人は絵羽が起こしたことになっているので、作品の難易度としての低めだと思われます。(これでEP3の犯人は絵羽ではない、なんて赤文字出されると最悪ですがww)

そうそう、今回忘れちゃいけないのは、ベアトがツンデレツンであることです。
内容的には、「残虐シーン楽しー!!」→「ちょっと自重しろよ」→「ギャルゲで勉強したぜ!!」です。自分でも何書いているのか解らなくなっていますが、とにかくそんな話です。
個人的にはエヴァトリーチェの顔面を踏み潰すようなベアトの逆襲を期待していたので最後の黄金郷での話にはあまり驚きませんでした。
まぁ、お茶会や???を見た限り、中盤のデレが全て演技だったかどうかは・・・保留って所ですかね。
イスプとしてはむしろ最後のラムダの狂気っぷりに威圧されたクチです。
ベルンの言った「その子はアナタのゲーム盤をもめちゃくちゃにする」という言葉は間違っていなかったようですね。
解釈としては「努力する者は報われる」魔法を使った絵羽がゲーム盤を支配したことに起因したのかもしれません。まぁ、その逆としてラムダがゲーム盤を乗っ取ったからこそ、絵羽の努力という狂気が発芽した可能性も否めないのですが。
とにもかくにも、ラムダは黒幕がお似合いですね。むしろ彼女が出てきたことで難易度が下がったことも事実ですが。

さて、EP4ではついに縁寿が登場。戦人の代わりに彼女が魔女に挑むことになるのでしょうか?個人的には縁寿のあのやる気なさそーな顔と凛テール(ツインテール+セミロング)が絶妙なマッチングで大好きですね。加えて戦人と同じ血を持ち、かつ霧江の血まで入った彼女には期待しないほうがどうかしてます。頑張ってもらいたいですね。


P.S:今回の画像は07氏のホームページにあった縁寿の画像を拝借しました。やっぱこのツンと澄ました顔が最高です。
スポンサーサイト
*
twitter
ブログに対する掲示板の役割を兼ねておりますので、出来うる限りこちらにも目を通していただけるとありがたいです。

フォローしてくださるお方は「esplia」と検索して頂くと簡単に見つけられると思います。


espliaの生態


esplia

Author:esplia


【読書中小説】
神様のいない日曜日
幕末魔法士
KAGUYA~月の兎の銀の箱舟~
文学少女と死にたがりの道化
中の下!
曲矢さんのエア彼氏


【プレイ中(&予定)ゲーム】
黄昏のシンセミア
elona
グリザイアの果実
はつゆきさくら【済】
穢翼のユースティア【済】


【鑑賞中音楽】
嘆きの音
Dead End
borderland
少年よ我にかえれ
ノルエル
灰色の水曜日


【オススメゲーム】
FLYABLE HEART
永遠のアセリア(なるかな含)
遥かに仰ぎ、麗しの
装甲悪鬼村正
Fate stay night(hollow含)
てのひらを、たいように
月光のカルネヴァーレ
君の名残は静かに揺れて
BALDRシリーズ(戯画)
ひぐらしのなく頃にシリーズ
うみねこのなく頃にシリーズ
東方シリーズ(SLG、文、WS含)
夜明け前より瑠璃色な
CROSS†CHANNEL
リトルバスターズ!
CLANNAD
STEINS;GATE


恒久的に不定期更新ですが、
よろしくお願いします。

週一更新005


当ブログはリンクフリーです。
こちらから打診した場合は了承があるまでリンクには追加いたしません。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
相互リンクの申請は、
「ブロとも申請フォーム」
または、
ここにお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。